日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

【ITPro:今週のCIO】東邦薬品 森久保光男 常務取締役開発本部長 兼 SPD(物品管理)室長
「ITベンダーは実際の業務を具体的にイメージした提案書作りを」

2008/08/27
川又 英紀
東邦薬品の森久保光男・常務取締役開発本部長兼SPD(物品管理)室長

東邦薬品の森久保光男・常務取締役開発本部長兼SPD(物品管理)室長

 医薬品卸大手の東邦薬品にとって至上命題といえるのが、物流センターからの「誤出庫」をゼロにできる体制を整えることである。医薬品は患者が誤って違う種類の商品を口にしてしまうと、最悪の場合は死に至る恐れがある。そのため、医薬品卸には常に誤出庫が無い100%の出荷精度が求められる。だが、100%の達成は容易なことではない。

 CIO(最高情報責任者)に相当する森久保光男・常務取締役開発本部長兼SPD(物品管理)室長は、「CIOの役割は経営者が掲げる夢をIT(情報技術)で実現することだ」と語る。その夢の1つが誤出庫ゼロであり、医薬品卸としての社会的な使命でもある。

 1997年2月に情報システム部長に就任して以来、10年以上にわたって、病院や調剤薬局からくる医薬品の注文を受けて正しく商品を出荷するための一連の情報システムと物流を取り仕切る要職を歴任してきた。同氏にとっても、誤出庫ゼロは究極の目標である。

 夢の実現に一歩近づいたのが、2006年末に新設した物流センター「TBC東京」の稼働だ。ここでは現在、99.9997%という高い出荷精度を達成している。それを支えるのがTBC東京の特徴でもある800個の「光る無線ICタグ」である。東邦薬品が東京大学の坂村健教授が代表を務めるYRPユビキタス・ネットワーキング研究所(東京・品川)と共同開発したものだ。

 森久保常務取締役は夢の実現のためには最新のIT活用にも果敢に取り組み、究極のSCM(サプライチェーン・マネジメント)の完成を目指している。(川又 英紀=日経情報ストラテジー)

ITProのWebサイトへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ