日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

遠隔画像診断治療補助システム「i-Stroke」がAndroidに対応、生体モニターなど新機能も追加

2011/12/16
本間康裕

 富士フイルムは、スマートフォンを利用して主に脳卒中の救急医療をサポートする遠隔画像診断治療補助システム「i-Stroke(アイストローク)」をバージョンアップすると発表した。製品名は「i-Stroke Ver.2.0」で、富士フイルムメディカルを通じて2012年1月16日に発売する。

 i-Strokeは、同社が東京慈恵会医科大学と共同開発したシステム。救急患者を受け入れた病院から、専門医の持つスマートフォンに患者の検査画像や診療情報を送信し、治療に必要な処置情報をやりとりすることで、病院内での診断や治療をサポートする。

 今回発売するi-Stroke Ver.2.0は、対応する端末が拡大した。これまでiPhone4/4S(iOS)だけだったが、新たにAndroidOSに対応。NTTドコモの「GALAXY」と「Xperia」を閲覧用の端末として利用できるようになった。
 
 機能面では、撮影した患者の動画や静止画を院外の専門医がスマートフォンで閲覧できる機能、心電図や血圧などの生体モニターをストリーミング送信する機能、患者の過去の診療情報を参照する機能、新たな患者・診療情報がタイムライン上に追加された時にメールを送信する機能を追加した。また、治療後の患者の状態を客観的に判断するために必要なmRS/BI/問診表、医薬品情報(使用上の注意、禁忌事項など)や、日本脳卒中学会が提供する脳卒中治療ガイドライン、簡易知能評価スケールをスマートフォンに表示できるようになる。

(本間 康裕=デジタルヘルスOnline/医療とIT)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ