インテル、「パソコンで“健考”相談室」をJR品川駅構内にオープン

コンティニュア規格対応一般向け血圧計やビデオ会議で健康相談

品川駅構内のブースで血圧を測定する

 インテルは、11月9日から11日まで、JR品川駅の構内に「パソコンで“健考”相談室」を開設する。イベントスペース内にブースを設けて、コンティニュア規格対応でBluetooth内蔵の一般向け血圧計(エー・アンド・デイのUA-851PBT-C)やビデオ会議サービス(V-CUBE)をインストールしたPCなどを設置。来場者は、血圧の測定値を自動的にパソコンやネット上のサービスに記録管理するサービスや、健康アドバイザーによる遠隔健康相談を受けるサービスを体験できる。また、体験者の測定データを「みんなの血圧」として大型モニターに分布表示する。

 初日に行われたオープニングイベントには、帝京大学医療情報システム研究センター教授の澤智博氏が出席。PCを利用した健康管理について、「管理が楽、目で見てすぐ分かる、他の人と比較が容易、といった優れた点がある」と指摘。「血圧は重要な健康のバロメーターなので、長期間血圧の計測を続けて、自分の血圧を知ることが大切。血圧の動向を把握することで、脳出血などの病気を未然に防げる」と説明した。インテル マーケティング本部長の山本専氏は、「自分のことを考えても、なかなか健康について家族で話す機会がない。この“健考”相談室が、話し合うきっかけになれば」と話していた。

(本間 康裕=デジタルヘルスOnline/医療とIT )

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  2. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  3. 薬の名前に物申す こんな私も3年目 みちよのナース道
  4. 【レッスン8】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. 重篤外傷患者の治療や家族への接し方で悩んだら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  6. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  7. どうする? 画像診断装置や医師の偏在 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  8. 切っても切れない肥満と肺血栓塞栓症の関係 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  9. 心房細動患者のPCI後抗血栓療法、最良の選択は 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE
  10. アセタゾラミド微量混入の原因が明らかに エカベトNa顆粒「サワイ」服用でドーピング陽性反応
医師と医学研究者におすすめの英文校正