インテル、「パソコンで“健考”相談室」をJR品川駅構内にオープン

コンティニュア規格対応一般向け血圧計やビデオ会議で健康相談

品川駅構内のブースで血圧を測定する

 インテルは、11月9日から11日まで、JR品川駅の構内に「パソコンで“健考”相談室」を開設する。イベントスペース内にブースを設けて、コンティニュア規格対応でBluetooth内蔵の一般向け血圧計(エー・アンド・デイのUA-851PBT-C)やビデオ会議サービス(V-CUBE)をインストールしたPCなどを設置。来場者は、血圧の測定値を自動的にパソコンやネット上のサービスに記録管理するサービスや、健康アドバイザーによる遠隔健康相談を受けるサービスを体験できる。また、体験者の測定データを「みんなの血圧」として大型モニターに分布表示する。

 初日に行われたオープニングイベントには、帝京大学医療情報システム研究センター教授の澤智博氏が出席。PCを利用した健康管理について、「管理が楽、目で見てすぐ分かる、他の人と比較が容易、といった優れた点がある」と指摘。「血圧は重要な健康のバロメーターなので、長期間血圧の計測を続けて、自分の血圧を知ることが大切。血圧の動向を把握することで、脳出血などの病気を未然に防げる」と説明した。インテル マーケティング本部長の山本専氏は、「自分のことを考えても、なかなか健康について家族で話す機会がない。この“健考”相談室が、話し合うきっかけになれば」と話していた。

(本間 康裕=デジタルヘルスOnline/医療とIT )

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  2. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
  3. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 摘便を「2本指」で行うのは不適切では? 教えて!ハテナース
  5. COPD合併のACSにはβ遮断薬を避ける人が多い Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  6. 嚥下痛の30歳男性、咽頭所見をどう見る? AntaaQAピックアップ
  7. 誰がWATCHMANを“watch”するのか 記者の眼
  8. 薬剤費削減のために保険者も動く、その影響は? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《4》
  9. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
  10. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
医師と医学研究者におすすめの英文校正