第2回医療情報システム監査人試験実施を発表、前回は300人受験

 医療情報システムの普及を推進する財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC、理事長:遠藤明氏、http://www.medis.jp/)は、2回目の医療情報システム監査人試験を、12月11日に東京と神戸で実施すると発表した。

 この試験は、医療情報システムの運用や開発に従事する技術者の安全管理に関する知識やスキルを評価するもの。なお認定業務は、MEDIS-DCとは別法人の一般社団法人医療情報安全管理監査人協会(iMISCA、会長山本隆一氏、http://www.imisca.jp/)が実施する。試験と教育の実施主体を分けることで、制度の客観性を担保するのが目的である。認定資格は、公認医療情報システム監査人補(Medical Information System Certified Auditor-Associate:MISCA補)と、公認医療情報システム監査人(Medical Information System Certified Auditor:MISCA)の2つ。試験の合格者が申請することで、資格を得られる。

 第1回目の試験(5月22日開催予定が大震災の影響で6月19日に延期)は、受験者数308人、合格者数142人で、合格率は46.1%だった。合格者の勤務先としては、一般企業が67%、保健医療福祉施設及び教育研究機関が31%を占めた。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正