日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

富士フイルムが、骨粗鬆症の早期発見に役立つクリニック向けサービス開始

2011/07/14
本間康裕

 富士フイルムは、デジタルX線画像から直接骨塩量を計測するデジタルデジタル骨塩定量測定サービス「+DIP(プラスディーアイピー)」を、富士フイルムメディカルを通じて7月16日に提供開始する。骨粗鬆症などの検査に用いられる骨塩定量測定で、5秒程度で測定結果を出す機能を持つクリニック向けのサービスだ。

 クリニックで最も普及している骨粗鬆症の検査方法は、X 線撮影によって手の骨塩量を計測するDIP 法。ただ、撮影した画像データをX 線フィルムに出力して、外部に計測を委託しなければならず、検査結果が判明するまでに時間がかかっていた。今回の「+DIP」は、デジタルX 線画像診断装置で生成した画像データを、富士フイルムのクリニック向け医用画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」 上で処理することで、5秒程度で骨塩量を計測できる。診療業務の効率化はもちろん、患者にすぐに結果を知らせることでサービス向上が期待できる。

 富士フイルムは、「+DIP」と医療施設向けクラウドサービス「ASSISTA Portal(アシスタ ポータル)」(※こちらの記事を参照)を連携させ、クリニックに対して、システム導入時の初期投資を抑えられる従量課金システムと、定期的に測定精度を監視する仕組み(今年度中開始予定)も提供する。


(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ