日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

GEヘルスケアがクラウド型サービス「医知の蔵」を販売開始

2011/07/01
本間康裕

 GEヘルスケア・ジャパンは7月1日、クラウドコンピューティング型の医用画像ホスティングサービス「医知の蔵(いちのくら)」の販売を開始したと発表した。同時に専用のWebサイト(http://www.ichino-kura.jp)も開設。サービス提供開始は今年10月を予定している(関連ニュースはこちら)。
 
 医知の蔵は、GEヘルスケアのPACS(医用画像管理システム)を導入している顧客医療機関が撮影したCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴断層撮影装置)、PET(陽電子放射断層撮影装置)などの医用画像を、ソフトバンクテレコムの保有するデータセンター設備を活用して院外保存するクラウド型の医療サービス。GEヘルスケアは医用画像の保存に関する運用管理業務を手がける。
l
 医知の蔵を導入すると、医療機関は大容量の医用画像データを外部保管できるようになる。院内保存に必要なサーバー代や電気代、人件費などが一部不要になるためコストダウンにつながるほか、プライマリーデータセンターと国内遠隔地に設置されたバックアップ用のセカンダリデータセンターの2カ所に保存されるため、ディザスタリカバリ強化にもつながる。

 まず、GEヘルスケアのPACSを導入している大規模病院を対象に販売。その後中小規模病院、クリニックへと拡大していく計画だ。料金は未定だが、基本使用料に加えてホスティングしたデータ容量に応じた従量料金を採用する予定である。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ