日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

リコーが電子ペーパー端末を利用したペーパーレス・ソリューション事業を開始、医療機関などに向ける

2011/06/06
小谷 卓也

 リコーは、業務のペーパーレス化を支援する「eWriter」ソリューション事業を立ち上げると発表した。医療機関における医療記録の管理のほか、クレジット/保険の請求処理、家屋やビルの監査/検査、民間警備会社/警察による報告業務などの用途に向ける。まず2011年夏に米国で提供を開始し、順次グローバル展開を図る考え。

 今回のソリューションは、専用のタブレット端末「Ricoh eQuill(リコー・イー・クイル)」と、バックエンドのデータ管理システム「eWriter ワークフローサービス」で構成される。タブレット端末に手書きで記入したデータを、無線LANか3Gでデータ管理システムに接続することで、サーバーへのデータ蓄積、更新などを瞬時に実施できる。これまで紙を媒体にした複写やスキャン、保管、廃棄などのプロセスを置き換えることができる。

 専用のタブレット端末は、9.7型のモノクロ電子ペーパーを搭載する。バッテリー持続時間は連続使用で20時間と長い。重さは500g以下で、厚さは9.6mmである。

 端末に書き入れた文章の真正性を証明するため、同社が開発した認証技術「AuthentiDoc(オーセンティ・ドック)」を搭載した。これは、文書が編集された際に記録される日付や時間、位置、署名の筆圧などの情報を用いて、その文書の真正性を証明する技術である。

(小谷 卓也=デジタルヘルスOnline

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ