日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

Continua Health Alliance、最新の設計ガイドラインを一般公開

2011/05/17
小谷 卓也

 健康管理関連の非営利団体であるContinua Health Allianceは、健康機器と電子機器の相互接続などを図るための設計ガイドラインの最新版「2010 Design Guidelines」を一般公開したと発表した。これまでは会員企業に限定して公開していた。

 今回公開されたガイドラインは、2009年に発表した最初のガイドラインに対して、幾つかの改良を加えたもの。例えば、以下の仕様が追加されている。

・パソコンや携帯電話機などのデータ管理機器と,健康情報を記録する外部サーバーなどを接続するためのネットワーク(WAN)のインタフェース仕様の追加

・ピーク・フロー・メーター(吐く息の速さを測定して喘息などの症状の度合いを調べる機器)や,服薬アドヒアランス用のモニター(正しく薬を服用しているかをモニタリングする機器)など、対応する健康機器の追加

・健康機器と電子機器の相互接続用インタフェースとして,ZigBeeの追加

 なお、Continua Health Allianceは、1年に1回はガイドラインを更新していくとしており、会員企業内では既に次回の更新に向けての議論が進んでいるという。


(小谷 卓也=デジタルヘルスOnline)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ