日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」の販売を開始

2011/05/10
本間康裕

 富士通は10日、SaaS型の地域医療ネットワークソリューション「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」を販売開始したと発表した。

 このサービスは、地域医療連携を実現する機能を、システム導入ではなくネットワークを通じたSaaS型ソリューションとして提供するもの。中核病院や診療所、介護施設など、地域の複数の医療機関が個別に保持する診療情報、検査結果、医用画像、レポート情報などの患者の情報を、データセンターを中継してネットワーク経由でどの医療機関からも確認できる。ユーザーは、クラウドコンピューティングなどの技術を利用して、診療所から中核病院への患者紹介や病院間の入院患者移動などを含めた地域医療連携を実現できる。

 SaaS型なので、ネットワークやシステムを新たに構築・保有する必要はなく、インターネットに接続できるPCと電子カルテシステムを用いて、短期間でサービスを利用できるようになる。セキュリティ面を考慮して、電子カルテシステムに登録されている患者の情報は、各医療機関に設置するサーバーに保持。富士通のデータセンターを中継して、相互にリアルタイムで連携させる。HL7やDICOMなどの医療情報交換のための標準規格、SS-MIX標準化ストレージ技術を採用しており、異なるベンダーの電子カルテシステムを利用している医療機関間で情報を共有できる。

HumanBridgeの概要図

 
 価格は10万円/月から(中継センターとして富士通データセンターを利用する場合の価格)。患者情報が登録されている各医療機関の電子カルテシステムへの接続には、サーバーの導入が必要となる(1000万円から)。富士通では、2013年3月末までに300医療機関への導入を目標としている。

(本間 康裕=医療とIT 企画編集)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ