日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

マルチタッチ対応の「医療用画像オールインワンシステム」、コニカミノルタエムジーが発売

2011/05/09
本間康裕

 コニカミノルタエムジーは、デジタルX線画像読み取り装置(CR:Computed Radiography)のコンソールとビューワ、ファイリングの機能を一体化したシステム「REGIUS Unitea-I(レジウス ユニティア アイ)」を発売する(ニュース・リリース)。同社はこれを「医療用画像オールインワンシステム」と呼ぶ。CR装置とネットワーク接続して使う。画像表示やファイリングなどを統合して実行できるため、医療業務の効率化を実現できる。価格は128万円。

 今回のシステムは、「業界で初めて」(コニカミノルタエムジー)となるマルチタッチ操作に対応する。画像の拡大縮小や階調変更などを、2本の指を使って直感的に実行できる。タッチ・パネルに赤外線光学イメージング方式を採用しており、指やタッチ・ペンなどで書き込みが可能である。マルチタッチ操作に対応しているのは、23型液晶モニターを用いたシステムのみ。マルチタッチに対応しないシステムとしては、19/21/24型のカラー液晶モニターが選べる。

 CR装置の画像だけでなく、超音波診断装置や内視鏡装置、デジタル・カメラ、スキャナなどからの画像取り込みも可能である。オプションで、レセプトのオンライン・システムや電子カルテ・システムから、患者の基本情報をオンラインで取得する機能にも対応する。



(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ