NTT東日本など、震災避難所と首都圏医療機関結び遠隔TV医療相談を開始へ【震災復興】

 NTT東日本と、医療者を中心としたボランティア団体「東日本大震災被災地支援継続ケア・キュアネットワークプロジェクト(C3NP)」は4月14日、東日本大震災の被災者を対象とした遠隔健康相談を近く開始すると発表した。首都圏の医師や保健師がテレビ電話を介して避難所の被災者に対し、無償の健康相談を行うもの。準備ができ次第、4月中にも開始する予定という。

 この支援サービスは、災害発生直後の救援活動ではなく、電気を含めた社会インフラがある程度回復してから開始し、中長期で被災者の身体的・精神的ケアを提供するのが目的。阪神淡路大震災など過去の大災害でも、当初の緊張が去った後で不安や喪失感が増し、孤独死などが増えることが知られている。

 NTT東日本は、首都圏の協力医療機関と被災現地の避難所などを光ブロードバンド回線「フレッツ光」で結び、テレビ電話端末「フレッツフォン」を設置する。当初は、宮城県栗原市と岩手県遠野市の避難所で支援を開始、自治体からの要望に応じて、順次拠点を拡大していくという。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ゾフルーザ耐性変異株で初のヒト-ヒト感染例 インフルエンザ診療Next:トピックス
  2. 話題の新薬が気軽に試せなくなる 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《2》
  3. 2診体制の導入でよくある失敗例 診療所経営駆け込み寺
  4. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  5. 新たなヒト血液型「KANNO」を発見 トレンド◎日本の研究グループでは初、ゲノム解析手法で明らかに
  6. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  7. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
  8. 単純そうで難しいトリプル吸入薬の使いどころ 喘息・咳喘息診療アップデート
  9. MRI拡散強調画像で脳梗塞再発リスクを予測 JAMA Neurology誌から
  10. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
医師と医学研究者におすすめの英文校正