日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

ワイズマン、「電子カルテシステムER」の手書き入力機能強化版を発売

2011/02/09
本間康裕

 福祉・医療システムを開発・販売するワイズマン(盛岡市)は、同社の主力商品である中小規模病院向けのパッケージシステム「電子カルテシステムER」の手書き入力機能を強化した新製品を、今年6月から発売すると発表した。

 一般に電子カルテシステムは、医師が自分でキーボード入力や操作をする際にディスプレー画面を見る必要がある、などの理由で、特に年配の患者から「こちらを見て話をしてくれない」など、コミュニケーション不足に関する不満が出やすい傾向があった。手書き入力システムの強化は、この患者の不満をできるだけ解消しようとするもので、紙カルテと同じ感覚で患者とコミュニケーションを取りながら書き込みができる。加えて、シェーマやスキャナーで取り込んだ画像、心電図などをペンで簡単に呼び出すことができるほか、動画の取り込みも可能。

 手書き入力の技術は、メディコール・ジャパン(大阪市)が同社の電子カルテシステム「Dr.Board」に採用したものを導入する。Dr.Boardは、紙カルテ2号書式そのままの画面に、電子ペンで手書き入力する電子カルテ。なお、ワイズマンとメディコール・ジャパンは、システム構築に関する知識・ノウハウの共有に加えて、販売面でも相互協力する。

(本間 康裕=医療とIT)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ