インテルがコンティニュアを利用した自社社員向けプログラム開始

 インテルは14日、自社社員(約530人)の健康維持を図るため、コンティニュア規格に対応した機器やサービスを利用した社内向けの健康増進プログラムを今月から開始すると発表した。健康データをパソコンで簡単に管理できるなどの特徴を持つコンティニュア対応機器・サービスを活用した健康管理が、日常的な健康意識の向上や健康状態の改善にもたらす効果を検証するのが目的だという。

 プログラムは、コンティニュア規格に対応したPC、体重計、血圧計、インターネット・ヘルスケア・サービス“@からだ”(ミュートスが提供)を活用して行われる。PCと健康機器は社内4カ所に設置され、社員は休憩時間などを利用して自分の体重や血圧を定期的に計測し記録する。同時に、産業医とも連携を図り、各社員に適した健康管理手法の確立を目指す。社員に対して定期的にメッセージを送るなど、参加意欲を維持する工夫も実施する。

(本間康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
  2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
  3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
  4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
  5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
  7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
  9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
  10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
医師と医学研究者におすすめの英文校正