【第30回医療情報学連合大会】iPadで診察前に問診を、タッチパネル式アプリケーション開発

人体のイラストを見て治療して欲しい場所を特定できるシェーマ入力

 パルソフトウェアサービス(愛媛県松山市)は、病院で診察前に記入する問診票を電子化するアプリケーションを、第30回医療情報学連合大会に出展した。製品名は「BEAR-D」で、今年11月に発売した。タッチパネル式端末(iPad)にインストールして使用する。愛媛大学医学部附属病院医療情報部などと共同で開発した。

 老人や子供でも比較的短い時間で問診表の記入ができるように、指で選択肢を指定するタッチパネル式を採用。人体のイラストを見て治療して欲しい場所を特定できる(シェーマ入力)のに加えて、痛さや苦しさの程度もライン(ビジュアルアナログスケール)上で指を動かして入力できる。

 同社の調査では、紙の問診票は平均13分に対し、iPadは平均6分しかかからなかった(調査対象37人)。また、患者のイライラを軽減させるため、問診の進捗度合いが目で見て分かるスケールも付属している。また、問診票は疾病別などで複数作成して保存できる。

ビジュアルアナログスケールで入力できる

 XMLデータとして蓄積されるため、電子カルテシステムとも連動が図れる。電子カルテシステムには、無線LANかモバイル通信でデータを送付する。ある程度の数量が蓄積されれば、患者の傾向を分析するなどデータの二次的利用も可能になる。

 価格は、iPad3台を運用するシステムで30万円程度(アプリケーションのみで、iPadやPCなどハードウエアは含まない)。パルソフトウェアサービスは、来年3月までにiPadベースで100台の販売を見込んでいる。

(本間 康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  3. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  4. 五月病に効く!? 理不尽な患者さんへの対処法 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. 85歳男性。腹部膨満 日経メディクイズ●腹部X線
  6. 同僚男性からの執拗なLINEのメッセージに困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究
  7. かかりつけ医機能の在り方を議論 シリーズ◎2020診療報酬改定
  8. 公立・公的病院の機能改革、形式的な対応多く 地域医療構想に関するワーキンググループ
  9. 2カ月男児。前胸部の鱗屑を伴う環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚
  10. セファゾリン不足で病院勤務医の4割「困った」 医師1000人に聞きました
医師と医学研究者におすすめの英文校正