【第30回医療情報学連合大会】iPadで診察前に問診を、タッチパネル式アプリケーション開発

人体のイラストを見て治療して欲しい場所を特定できるシェーマ入力

 パルソフトウェアサービス(愛媛県松山市)は、病院で診察前に記入する問診票を電子化するアプリケーションを、第30回医療情報学連合大会に出展した。製品名は「BEAR-D」で、今年11月に発売した。タッチパネル式端末(iPad)にインストールして使用する。愛媛大学医学部附属病院医療情報部などと共同で開発した。

 老人や子供でも比較的短い時間で問診表の記入ができるように、指で選択肢を指定するタッチパネル式を採用。人体のイラストを見て治療して欲しい場所を特定できる(シェーマ入力)のに加えて、痛さや苦しさの程度もライン(ビジュアルアナログスケール)上で指を動かして入力できる。

 同社の調査では、紙の問診票は平均13分に対し、iPadは平均6分しかかからなかった(調査対象37人)。また、患者のイライラを軽減させるため、問診の進捗度合いが目で見て分かるスケールも付属している。また、問診票は疾病別などで複数作成して保存できる。

ビジュアルアナログスケールで入力できる

 XMLデータとして蓄積されるため、電子カルテシステムとも連動が図れる。電子カルテシステムには、無線LANかモバイル通信でデータを送付する。ある程度の数量が蓄積されれば、患者の傾向を分析するなどデータの二次的利用も可能になる。

 価格は、iPad3台を運用するシステムで30万円程度(アプリケーションのみで、iPadやPCなどハードウエアは含まない)。パルソフトウェアサービスは、来年3月までにiPadベースで100台の販売を見込んでいる。

(本間 康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:76
  2. 64歳女性。発熱と皮疹 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 薬物乱用頭痛は病態を頭に入れて対処しよう 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:36
  4. 心房細動と心房粗動の脳梗塞リスクは異なる JAMA Network Open誌から FBシェア数:46
  5. 入院患者の不穏行動をAIで予知して防ぐ リポート◎手首装着型センサーを使ったシステムの開発が進展中 FBシェア数:90
  6. 町ぐるみで研修医に「本物の地域医療」を伝授 記者リポート FBシェア数:34
  7. 治療に直結する脳梗塞の病型診断 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. 風疹の国内流行が発生し始めている可能性が高い 感染研が緊急情報、首都圏で風疹患者が急増 FBシェア数:82
  9. 【漫画】患者さんの発言にビックリ ガンバレ薬剤師 FBシェア数:40
  10. 塗り分け注意!メサデルムとリンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正