日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

【第30回医療情報学連合大会】iPadで診察前に問診を、タッチパネル式アプリケーション開発

2010/11/26
本間康裕

人体のイラストを見て治療して欲しい場所を特定できるシェーマ入力

 パルソフトウェアサービス(愛媛県松山市)は、病院で診察前に記入する問診票を電子化するアプリケーションを、第30回医療情報学連合大会に出展した。製品名は「BEAR-D」で、今年11月に発売した。タッチパネル式端末(iPad)にインストールして使用する。愛媛大学医学部附属病院医療情報部などと共同で開発した。

 老人や子供でも比較的短い時間で問診表の記入ができるように、指で選択肢を指定するタッチパネル式を採用。人体のイラストを見て治療して欲しい場所を特定できる(シェーマ入力)のに加えて、痛さや苦しさの程度もライン(ビジュアルアナログスケール)上で指を動かして入力できる。

 同社の調査では、紙の問診票は平均13分に対し、iPadは平均6分しかかからなかった(調査対象37人)。また、患者のイライラを軽減させるため、問診の進捗度合いが目で見て分かるスケールも付属している。また、問診票は疾病別などで複数作成して保存できる。

ビジュアルアナログスケールで入力できる

 XMLデータとして蓄積されるため、電子カルテシステムとも連動が図れる。電子カルテシステムには、無線LANかモバイル通信でデータを送付する。ある程度の数量が蓄積されれば、患者の傾向を分析するなどデータの二次的利用も可能になる。

 価格は、iPad3台を運用するシステムで30万円程度(アプリケーションのみで、iPadやPCなどハードウエアは含まない)。パルソフトウェアサービスは、来年3月までにiPadベースで100台の販売を見込んでいる。

(本間 康裕=医療とIT)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ