日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

富士通、入院設備のない診療所向け医療事務一体型電子カルテシステム販売開始

2010/11/02
増田克喜

 富士通は11月2日、入院設備のない無床診療所向けに、医療事務一体型電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-RX」(ホープ/イージーメイン アールエックス)の販売を開始した。

 同システムは、受付から診療、会計、レセプト作成までの無床診療所の業務に必要な医療事務機能と電子カルテ機能を一体化したもの。同社の診療所向け電子カルテシステムのHOPE/EGMAIN-CXは医療事務システムが別途必要だったが、両機能を一体化することにより導入コストと運用負荷を削減し、レセプト電算データやオンライン請求の制度対応を目指す診療所への普及促進を図る。価格はPC2台の最小構成で190万円(税別)。同社は今後3年間で約3000システムの販売を見込んでいる。

 最大の特徴は、医療事務機能と電子カルテ機能を一体化し、診療所業務の効率化を図っていること。医師は、診察室で患者の来院状況の確認やレセプトの点検ができるのに加えて、事務スタッフは会計データを確認中に診療情報を参照できる。同社の地域医療ネットワークシステム「HOPE/地域連携」との連携機能を標準搭載しており、連携先病院と診療情報の共有が容易にできるため、地域医療連携ネットワークに参加しやすくなる。

 操作環境では、入力した所見を文例として蓄積することで、次回の入力時に文例候補を自動表示する機能、病名・行為登録での入力内容に応じた候補表示する機能などの新機能を搭載。ワイドディスプレイに対応して、一画面に多くの情報を表示したり、文字サイズを拡大・縮小できるようにしたりと、参照性も向上している。さらに、各種入力補助機能の実装やオンラインマニュアルによるガイド表示を充実させるなど、パソコン操作に不慣れな医師でも簡単にカルテが作成できるという。
 

HOPE/EGMAIN-RXのカルテ作成画面

 

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ