富士通、健康機器に接続できる携帯電話を実現へ-コンティニュア認証を取得

 富士通は9月30日、健康管理機器とデータ管理機器などの相互接続規格として提唱されている「コンティニュア」の設計ガイドラインに準拠した携帯電話機の試作機を開発、携帯電話でのコンティニュア認証を世界で初めて取得したと発表した。同社は10月5日~9日に千葉市の幕張メッセで開催されるデジタル関連展示会CEATEC JAPAN 2010で、同社ブースと「デジタルヘルスケア・プラザの2カ所で試作機を展示する。

 コンティニュア携帯を用いることで、血圧計や体重計からブルートゥース無線インタフェースを介して携帯にデータを送り、医療機関などに送信して、健康管理サービスを受けることが容易にできる。コンティニュア対応機器であれば、メーカーや機種を問わないので、利用者の選択肢は拡大する。富士通は、今後発売する携帯電話機を順次、コンティニュア対応にしていくという。

 コンティニュアは、非営利組織のコンティニュア・ヘルス・アライアンスが策定し、世界的に普及を推進している。同グループには、富士通のほか、インテル、マイクロソフト、シスコ、IBM、フィリップス、オムロンヘルスケアなど、デジタル関連と医療・健康関連の国際的な主要企業が加わっており、事実上の標準規格になっている。

(中沢 真也)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 高齢者の「食べられない」に直面したら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part V
  2. ノーベル生理学医学賞受賞の「HIF」って何? 1分解説◎細胞の低酸素応答の仕組み、貧血や虚血障害治療に応用も
  3. 50代パート職員の「無期契約」依頼に院長は… 院長を悩ます職員トラブル大研究
  4. フォーミュラリーではゾフルーザを非推奨に インタビュー◎昭和大学病院薬剤部長の佐々木忠徳氏に聞く
  5. 開業医に経済的なメリットなし、だけど… 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《3》
  6. ラグビーW杯、熱狂と隣り合わせの危険 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. β3刺激薬のベタニスがシェア急拡大 NMO処方サーベイ
  8. 2型糖尿病は最初から併用療法を行うべき? Lancet誌から
  9. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図
  10. 下肢静脈瘤を瞬間接着剤で低侵襲に治療する トレンド◎注目の「グルー治療」が登場間近
医師と医学研究者におすすめの英文校正