日経メディカルのロゴ画像

『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

北海道白老町と富士通、独居老人を携帯電話で“見守る”サービス開始

2010/09/03
本間康裕

 北海道白老町は、富士通と共同で地域のコンタクトセンターシステムを構築し、携帯電話「らくらくホン」を活用した高齢者向けの生活支援サービスの運用を8月23日から開始した。独居老人を対象に、富士通の「らくらくホン」を60台配布。携帯電話の内蔵センサーから自動通知される歩数情報や、GPSなどで探知できる位置情報を安否確認に活用し、高齢者に対する見守りサービスを提供する。

 具体的には、携帯に内蔵されている歩数計のデータを1日に1回コンタクトセンターに自動的に連絡する。仮に、特定の場所から移動しないなどの異常が検知された場合には、GPSセンサーなどから位置情報を把握し安否確認をとる。また、携帯電話の「よやく(予約)」「そうだん(相談)」「きんきゅう(緊急)」の3つのボタンを押すと、地域の支援ボランティアとの相談や位置情報付きの119番通報ができる機能もある。

 コンタクトセンターには、あらかじめシステムに登録した地域の支援者の個人電話や消防署に転送するバーチャル・コールセンター方式を採用。支援者の負担軽減を図ると同時に、場所と時間の制約なく支援を提供できるようにした。オペレーターの待機所が必要ないため、設置コストが不要となるメリットもある。

 白老町の高齢化率は、2025年の全国平均推計値(30.5%)よりも高い33%。独り暮らしの高齢者世帯は1750世帯に達しており、増加傾向にある。高齢者の約6人に1人が介護や支援が必要となっていることから、地域全体で高齢者を支援する仕組みが求められていた(数字は2010年7月末現在)。今後は、在宅療養支援や高齢者対象ではない地域住民の利便性向上や地域活性化にも、このサービスを活用していく予定である。

(本間 康裕=医療とIT企画編集)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ