日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

富士フイルム、脳血管障害の遠隔治療支援システムを慈恵医大と共同研究へ

2010/07/21

 富士フイルムはこのほど、東京慈恵会医科大学と共同で、脳卒中などの緊急対応の際、院外の専門医から診断・治療の迅速な支援を得ることが可能な「脳血管障害治療支援システム」の研究を開始すると発表した。

 これは、脳卒中患者が搬送された病院から院外の専門医の携帯端末に患者の検査画像や診療情報を送り、初期治療に必要な薬剤投与量や禁忌についての処置情報をやり取りすることで、より適切な治療を実現するものだ。

 本研究では、慈恵医大脳神経外科学講座教授の村山雄一氏らが開発を進めてきた、iPhone/iPad対応の脳血管障害治療支援システム「i-Stroke」に、脳卒中初期の処置情報をやりとりする機能を追加、さらに富士通の医用画像情報ネットワークシステム「SYNAPSE」と連携することで、脳血管障害治療の遠隔支援環境の構築を目指す。将来的には、CTなどの断層画像から3次元画像を生成する3D画像処理システム「SYNAPSE VINCENT」との連携も検討している。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ