富士フイルム、脳血管障害の遠隔治療支援システムを慈恵医大と共同研究へ

 富士フイルムはこのほど、東京慈恵会医科大学と共同で、脳卒中などの緊急対応の際、院外の専門医から診断・治療の迅速な支援を得ることが可能な「脳血管障害治療支援システム」の研究を開始すると発表した。

 これは、脳卒中患者が搬送された病院から院外の専門医の携帯端末に患者の検査画像や診療情報を送り、初期治療に必要な薬剤投与量や禁忌についての処置情報をやり取りすることで、より適切な治療を実現するものだ。

 本研究では、慈恵医大脳神経外科学講座教授の村山雄一氏らが開発を進めてきた、iPhone/iPad対応の脳血管障害治療支援システム「i-Stroke」に、脳卒中初期の処置情報をやりとりする機能を追加、さらに富士通の医用画像情報ネットワークシステム「SYNAPSE」と連携することで、脳血管障害治療の遠隔支援環境の構築を目指す。将来的には、CTなどの断層画像から3次元画像を生成する3D画像処理システム「SYNAPSE VINCENT」との連携も検討している。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  2. 寿司を食べた翌日の心窩部痛、正しい診断は? 診断エラー学のすすめ
  3. 眼の奥の激痛、群発頭痛以外で見落としNGは? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. 抗体医薬裁判の行方「1抗原1薬剤」の未来も 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  5. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
  6. 2診体制の導入でよくある失敗例 診療所経営駆け込み寺
  7. 【動画】仲良くも冷たくもしない医師患者関係 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
  8. フルオロキノロン系薬とキノロン系薬の重大な副作用… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  9. 選択肢が広がる生理用品――月経ディスクの場合 緒方さやかの「米国NPの診察日記」
  10. ゾフルーザ耐性変異株で初のヒト-ヒト感染例 インフルエンザ診療Next:トピックス
医師と医学研究者におすすめの英文校正