ワイズマン、福祉機器展でシステムと連携するDS用介護記録ソフト

 ワイズマンは2009年9月29日〜10月1日に行われた国際福祉機器展(会場・東京ビッグサイト)で、同社が6月に発売した、介護・福祉施設利用者のバイタルデータなどの入力を支援するニンテンドーDS対応ソフト「すぐろくDS」を展示・デモンストレーションした。

簡単にバイタルデータなどを入力できる「すぐろくDS」の画面

簡単にバイタルデータなどを入力できる「すぐろくDS」の画面

 すぐろくDSは「DS対応ソフトとしては初めて」(同社)という、介護・福祉施設の利用者の健康状態や介護状況を記録するための支援ソフト。DSの簡便な操作性、ダブルスクリーンの視認性など、入力端末としての機能に着目して開発したもの。

 特徴は、同社が開発・販売しているシステム「施設介護情報システム」とネットワークで連携し、血圧・体温といったバイタルデータや食事回数・摂取量、定型文選択などによるケア記録などのデータを利用者が入力し、導入施設はデータ送信された情報を「施設介護情報システム」で利用者の処遇情報を一元管理・共有できる。「施設介護情報システム」に蓄積されたデータは、温度板の自動作成や業務日誌の作成にも反映できる。

 会場では複数台の展示機を置いた専用の体験デモ・コーナーを設け、簡易な操作性や「施設介護情報システム」との連携の模様を来場者に積極的にアピールしていた。(井関 清経)

【関連サイト】
ワイズマンの「すぐろくDS」製品ページ

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:33
  2. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:70
  3. 2回心停止した重症外傷患者の生還 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:7
  4. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:50
  5. 採血を失敗し、患者に激怒された 患者とのコミュニケーション困難事例と対処法 FBシェア数:38
  6. 「生保は後発品」に賛成も、実際ごねられたら… 医師1000人に聞きました FBシェア数:74
  7. 二刀流の野球選手の活躍に未来の医師像を見る 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:22
  8. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:60
  9. ユリコさん流・人生の終い方 ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:22
  10. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:78
医師と医学研究者におすすめの英文校正