日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

富士ゼロックスが診療記録統合管理ソリューションを開始

2009/07/28
ITPro

 富士ゼロックスが今年8月から、医療分野向けのドキュメント管理ソリューションの販売を本格的に開始する。名称は「診療記録統合管理ソリューション」。これまで個別に対応してきたシステム構築ノウハウをまとめてメニュー化したものだ。これにより同社は、医療業界の顧客開拓を目指す。

 診療記録統合管理ソリューションを使ってシステムを構築すれば、電子カルテに加え、手書きの手術報告書や患者から受け取った同意書、心電図やエコーなどを画像データとして一元管理できる。データを保存する際に、ドキュメントの種類や患者名、担当医名などの情報を示したXML文書を自動生成する機能もあるという。これにより、「データの検索性が他社製品よりも高い」と、富士ゼロックスの畑仲俊彦医療情報開発推進室長は言う。

 同ソリューションを使ったシステムの第1号ユーザーは決まっている。大阪大学医学部付属病院が来年初めにも、診療記録統合管理ソリューションを適用した新システムを稼働させる予定である。(ITPro

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ