ネット上の医療関連情報、米成人の61%が「利用経験あり」

 米Pew Research Centerと医療財団の米California HealthCare Foundationは米国時間2009年6月11日、インターネット上の健康・医療関連情報の利用状況について米国成人を対象に調査した結果を発表した。それによると、回答者の61%がインターネットで医療関連情報を閲覧した経験があることが分かった。

 これらの回答者は、インターネット上で健康または医療問題について、解説や他人のコメントを読んだりポッドキャストを聞いているほか、医師や医療機関のランキングやレビューなどを閲覧している。同調査では、これらのインターネット・ユーザーを“e-patient”と呼んでいる。

 e-patientのうち、約20%は積極的にオンライン・ディスカッションやメーリング・リストにコメントを投稿している。e-patient の60%(回答者の37%)は、コメントや医師・病院の評価を投稿したり、健康・医療関連の写真やビデオ、オーディオ・ファイルを提供した経験があるという。

 この調査レポートの共同著者であるSusannah Fox氏は、「e-patientは、ニーズに合った情報を見つけるため、またコメントの投稿によって貢献するためにインターネットのインタラクティブな機能を利用し始めている」と説明する。同氏によれば、e-patientはインターネットを従来の情報源を補う手段だと考えており、症状に対する理解を深めるほか、専門家により的確な質問をするために、ブログやポッドキャストなどのオンライン情報源を利用しているという。

 このほかe-patientの60%は、「インターネットで見つけた医療アドバイスや情報が自分や知人の役に立った」と回答しており、2006年調査の31%から大幅に増加していることが分かった。一方、「これらの情報に従ったことで、自分または知人が被害を受けた」とするe-patientは 3%にとどまり、2006年と同水準となった。(ITpro

米国の発表資料へ

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正