日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

「自分のカルテや処方箋を保管」-- Googleが医療情報管理サービスのベータ版公開

2008/05/21
井関清経

 米Googleは米国時間2008年5月19日、オンライン医療情報管理サービス「Google Health」のベータ版を公開した。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。ユーザーは自分の医療情報をオンラインで収集、保存、管理できる。利用は無料だが、現時点で同サービスを利用できるのは米国のみ。

 Google Healthでは、病院や処方薬局などと連携可能なプラットフォームを採用し、カルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込めるようにしている。データはオンラインで管理するため、ユーザーはセカンド・オピニオンが必要な場合や、転院するときなども、自分の医療記録に容易にアクセスし、他の病院と共有できる。

 データにアクセスできるのは、デフォルトでユーザーのみに限定されており、ユーザーが許可しない限り、第三者は閲覧できない。またデータの削除は、本人の意志でいつでも自由に行える。

 同社は2008年2月より、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと共同でパイロット・プロジェクトを行い、Google Healthを試験的に運用していた(関連記事:Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表)。CNET News.comの報道によると、今回のベータ版公開にあたり、Cleveland Clinicのほか、マサチューセッツ州のBeth Israel Deaconess Medical Center、処方薬局の米Longs Drugsや米Walgreens、検査結果の管理を行う米Quest Diagnostics、医師4万人以上のカルテを管理する米AllScriptsなどの協力を取り付けているという。(ITPro

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ