日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

NECディスプレイ、医療用の高輝度液晶モニターを発売

2008/04/07
吉澤 恵

 NECディスプレイは、医療用モニターに向けた21.3型フルカラー表示の液晶モニター「MultiSync MD212MC-FH」および20.1型のモノクロ表示の液晶モニター「MultiSync MD205MG-1」を発売する。フルカラー製品は立体画像表示用に、モノクロ製品は高精度な表示が求められるマンモグラフィ(乳がんの診断装置)用に向ける。

 「MultiSync MD212MC-FH」は、最高輝度750cd/m2、コントラスト比750対1の表示を実現した。独自のパネル技術「Ultra Advanced Super Fine TFT」の利用し、高輝度化に伴う黒輝度の白浮きや輝度のばらつきを抑えているという。

 そのほか,液晶パネル内にセンサを内蔵し、パネルの輝度や色度を常時補正処理する機能を備える。また、パネル内の輝度や色、ガンマのムラを5段階で補正できる独自の画像処理ICを内蔵するという。

■記事の全文は、Tech-On! のWebサイトでお読みいただけます。






  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ