日経メディカルのロゴ画像

『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表

2008/03/05

 米Googleは米国時間2008年2月28日、開発中のオンライン医療情報管理サービス「Google Health」の詳細について発表した。同サービスは、ユーザーがオンラインで自分の医療情報を収集、保存、管理できるようにする。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。

 Google Healthでは、病院や医療サービス機関など、外部との相互運用が可能なプラットフォームを採用している。このためユーザーはカルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込み、Google Health上でアクセス、管理できる。将来はサービスやツールを強化し、診察予約や処方せんの発行依頼などにも対応する予定。

 Googleは、同サービスの強みが“ポータビリティ”にあると説明する。インターネットを介して自由にアクセスできるため、転院する場合なども、医療記録を発行してもらって持ち運ぶ必要がない。かかりつけの病院から自分の医療データを取り込み、別の病院と共有できるように設定できる。

 個人情報については、ユーザーの許可がない限り第三者と共有せずユーザーが完全にコントロールできるようにする、という方針を明らかにした。また、医療関係者から成るGoogle Health Advisory Councilを設け、プライバシ・ポリシーの策定と実践に取り組むとしている。

 同社は、今後数カ月に同サービスの公開を計画しているが、フィードバックを得ながら修正を繰り返し、サービス向上を図る考え。

 ちなみに同社は前週、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと提携してパイロット・プロジェクトの運用を開始した。1500~1万人の患者を対象とする同プロジェクトでは、Cleveland ClinicのシステムとGoogle Health間で、処方せん、病状、アレルギー情報といった患者の医療記録をやり取りする。





  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ