日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

京セラ丸善、医療機関向け栄養給食管理システムの最新版

2007/11/30
井関清経

 京セラ丸善システムインテグレーション(東京都港区)は11月28日、これまで1600以上の医療機関・施設に導入実績がある栄養給食管理システムの最新版「MEDIC DIET(メディック・ダイエット)Ver.7」を発売したと発表した。

 「MEDIC DIET Ver.7」は、個人の栄養管理の充実を図る機能として「栄養管理実施加算対応」機能などを標準で搭載し、高度な栄養ケアの実現を補助するだけでなく、今後、多様化していく管理栄養士の業務の簡素化を図ることが可能という。

 最新版で加えられた主な機能は、メニュー画面に「カテゴリ毎の切り替えができるタブ機能」「ガイドメッセージ機能」「セキュリティ強化のためのログイン機能」などが加わっている。動作環境は、サーバOS:Windows Server 2003、DBMS:Oracle10g、クライアントOS:WidowsXP(推奨)。各メーカーの電子カルテ、オーダリングシステムとの連携可能。同社では「個人の栄養管理機能の充実によって、満足度の高い患者サービスを提供できる」としている。

 京セラ丸善では「MEDIC DIET Ver.7」を、医療関連市場において全国12拠点のサポート体制のもと、販売を展開する。今後3年間で600機関・施設へ納入し、売上高12億円を目指す。

■京セラ丸善システムインテグレーションのWebサイト
http://www.cd.maruzen.co.jp/kmsi/

MEDIC DIET Ver.7 の新メニュー画面

MEDIC DIET Ver.7 の新メニュー画面

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ