日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

JBCCの08年3月期中間は減収・増益、自社ソフトと医療事業に明るさ

2007/11/15

 システムの構築・販売を手掛けるJBCCホールディングスは11月8日、08年3月期の中間決算を発表した。石黒和義代表取締役社長は「情報ソリューションは、ハードやソフトの販売が落ち込んだが、システム構築でカバーした。自社開発のソフトウエアも大きく伸びた。これによって、利益はプラスを確保できた」と安堵の表情を見せる。

 ソフトウエアは自社開発の製品部門が好調だという。「今期は四半期の売上が初めて2億円を超えた。なかでも新製品のデータ連携ソフトウエアが寄与した」(石黒社長)。来年の08年度には全体で年間10億円を目指す計画を示した。

 このほか、医療機関向けのシステム構築やサービス提供分野は、05年上期の売上が1億4000万円に対して、06年上期は2億8000万円。07 年上期は4億9000万円と着実に伸びている。一方で、JBCCと同じく日本IBMとの取引が多いニイウスコーは8月末の連結決算で、医療事業に失敗したとして巨額の損失を計上。全取締役の退任を決めた。

 こうしたJBCCとニイウスの違いについての質問に石黒社長は、「ニイウスの詳細は分からない。ただ、当社は中規模の医療機関に絞り、事業を慎重に展開している。また、身の丈にあった投資を心がけている」と説明する。

 08年3月期の中間決算は前年同期比4.7%減の売上高476億300万円。販売管理費を差し引いた営業利益は同0.3%増の14億9100万円となった。営業外の収益を考慮した経常利益は3.9%増の15億5200万円だった。通期では、売上高1000億円、営業利益34億5000万円を目指す。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ