日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

富士通コンポーネントとワコム、コンピューターを遠隔操作できるソリューション

2007/09/12
井関清経

 富士通コンポーネント(以下、FCL)とワコムは9月11日、FCLの高解像度モニタコンソール延長遠隔ユニット「Cat5(キャットファイブ)エクステンダー」(※注1)を介して、ワコムの液晶ペンタブレットとパソコン・サーバー・ワークステーション本体を最大300m離れた地点から操作できるソリューションを開発し、9月下旬から発売すると発表した。

 通常、コンピューターにディスプレイを接続して表示させる際、ケーブルを長くすると画像が劣化し、正常に表示さず、またペンタブレットやキーボード、マウスの信号も同様で、正常な性能を発揮しにくい。

 今回、両社が発売するソリューションは、液晶ペンタブレットとコンピューターの間に「Cat5エクステンダー」の送・受信ユニットを挿入し、FCLが提供する汎用の「Cat5E UTP」ケーブルで接続することで、液晶ペンタブレットとコンピュータの距離を最大300mまで延長しても、アプリケーションのデータ操作、手書き入力ができるようにしたという。両社は医療分野で電子カルテやさまざまな機器の普及に伴って液晶ペンタブレット導入が広がると見込んでおり、このソリューション提供を契機に新規・既存顧客への販売拡大を狙う。販売価格は1システム20万円~の予定。

注1:Cat5エクステンダー
 高解像度モニタコンソールをSXGA(1280×1024ドット)で300mまで延長接続可能とした遠隔ユニット。専用ケーブルの交換のみで、PS/2、PC USB、Sun 8ピン、Sun USBの本体と接続できる。FCLでは、マウスとモニターを延長する機種と、オーディオやタッチパネルも延長できる機種を用意している

富士通コンポーネントの報道資料へ

ワコムの報道資料へ



  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ