日経メディカルのロゴ画像

『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

第14回日本医療情報学会春季学術大会(シンポジウム2010in高松):日本版EHRと地域医療情報システムの標準化:5/28~29開催

2010/04/15
本間康裕

【日程】5月28日(金)、29日(土) ※27日(木)にプレコングレス開催
 
【会場】サンポートホール高松 香川県高松市サンポート2番1号
 
【主催】一般社団法人 日本医療情報学会
 
【URL】 http://www.kms.ac.jp/~hospinfo/Medinfo/jami2010symp/
 
【代表者】大会長 原量宏(香川大学瀬戸内圏研究センター特任教授、徳島文理大学理工学部臨床工学科教授)

【連絡先】NPO法人 日本医療情報ネットワーク協会(JAMINA)
     TEL:03-3814-3431 FAX:03-3814-3432
 
【事務局】香川大学医学部附属病院 医療情報部 香川県木田郡三木町大字池戸1750-1
TEL:087-891-2382 FAX:087-840-2601 E-mail:medinfo@med.kagawa-u.ac.jp
 
【入場料】無料。ただしWebサイトから参加登録が必要
 
【概要】日本医療情報学会が毎年春に開催する学術大会。2日間にわたって、小規模なチュートリアルセッションや中・大ホールでの講演会、市民公開講座やコンサート、ポスターや製品展示など、様々な催しが行われる。メインテーマは「日本版EHRと地域医療情報システムの標準化」で、そのほかに治験のIT化などについての講演がある。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ