日経メディカルのロゴ画像

TOP
  • 事例研究
  • レポート
  • ニュース
  • インフォメーション
『医療とIT』は2012年4月1日より『デジタルヘルスOnline』に全面移行しました

部門システムとの密接な連携とがん専門病院必須の機能を実装した
総合医療情報システムを実現
事例研究:群馬県立がんセンター

2007/12/19

 
部門システムとの情報共有と活用が最大の課題

 群馬県立がんセンターの旧施設では、医事会計システムをはじめ、放射線治療、PACS、看護、予約システムなどの部門システムが稼働していた。そのため、こうした部門システムとリンクした、情報の共有と活用が容易な総合医療情報システムを構築することが最大の課題だった。

 「多くの病院を見学すると、電子カルテやオーダリングと部門システムとの連携が不十分なために情報共有が十分にできておらず、診療や臨床に役立たせることが実現できていない病院が少なからずある。当院では、診断や治療の質と安全性向上に寄与し、診療データや経営データを分析できる有効な情報活用という視点でシステム連携した総合医療情報システムを構築し、それとともに、がん治療に必要な化学療法支援やクリティカルパスといった機能の実装を目指した」。情報システム管理室長(手術部長)の猿木信裕氏は、総合医療情報システムの狙いをこう語っている。

 新病院情報部会の検討の中で猿木氏は、電子カルテ導入のシステム投資が大きいため、当初はオーダリングシステムだけの導入を考えたという。しかし、2つのシステムを個別に仕様策定する業務量を考えると負担が非常に大きいこと、また、情報の発生源入力が前提の電子カルテの導入に医局の抵抗もなく同意を得たことが、電子カルテ導入に踏み切るポイントだったと指摘している。

 そうした経緯の中、プロポーザル方式で総合評価の高かったNECの電子カルテシステムが選定された。NECの電子カルテシステムがマルチベンダの部門システム連携を特長としていた点が大きく評価されたことにあった。

 「部門システム連携のためのインタフェース開発には、電子カルテを開発したベンダのマルチベンダ対応に対する積極性が強く求められる。その要求に十分応えてくれたのがNECだった。また、新病院竣工に合わせた限られたスケジュールの中ですべての部門システムと連携させる必要があり、部門マスタ連携のための各部署とのマネジメントをNECが受諾してくれたことも大きな要素だった」(猿木氏)。

 また、電子カルテ端末におけるマルチディスプレイ仕様への対応、例えば手術部門の麻酔チャート作成システムなど部門システムと電子カルテシステムを同一端末で利用する仕様に応じた提案といった点も総合評価得点を押し上げた要素だったと指摘している。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ