日経メディカルのロゴ画像

特集 インフルエンザ 2007/2008

【2007/2008トピックス】
インフルエンザ、47週時点で全国的な流行に突入

図1 全国の定点当たり報告数の推移

 例年にない早い立ち上がりとなっている今年のインフルエンザは、47週時点で全国的な流行が始まった。国立感染症研究所感染症情報センターのまとめによると、2007年第47週(11月25日)現在、定点当たりの報告数は1.53となり流行の目安とされる1.0を超えた(図1)。1987年以降では最も早い流行で、今後の推移を注意深く見守る必要がある。

 都道府県別では、47週時点で北海道が12.36(46週は7.94)となり、注意報のレベルに達した。また首都圏では、神奈川県が2.63(同1.78)、千葉県が1.76(同1.51)、東京都が1.45(同1.02)で、群馬県以外の都県がシーズン入りした。

 立ち上がりが早いからといって大流行になるとは限らないが、早めのワクチン接種をはじめ、うがい手洗いマスクの着用など、日ごろからの予防策を徹底すべきだろう。また、ウイルス拡散を防ぐ上で家庭内感染の予防も重要であることから、もしも家庭内で発生した場合は2次感染を防ぐ手立てをとるべきだ。日本臨床内科医会インフルエンザ研究班副班長の廣津伸夫氏は、「特に看病に当たることの多い母親は、家庭内であってもマスクをするなどの予防が必要になる」と指摘している(関連記事)。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ