日経メディカルのロゴ画像

2008. 10. 6

第18回欧州呼吸器学会でUPLIFT試験の結果を発表
チオトロピウムが呼吸機能の改善を4年間維持、安全性も再確認

ベルギーLeuven大のMarc Decramer氏

 ベルギーLeuven大のMarc Decramer氏(写真)と米カリフォルニア大ロサンゼルス校のDonald P.Tashkin氏(写真)は10月5日、第18回欧州呼吸器学会ERS2008)でUPLIFT試験の結果を発表した。それによると、呼吸機能やQOLの改善を4年間にわたり維持したことや、死亡率や急性増悪発生率などを有意に低下させたことなどが明らかになった。試験結果は同日、New England Journal of Medicineのオンライン版に掲載された(N Engl J Med. 2008;359:1543-1554)。

 UPLIFT試験は、慢性閉塞性肺疾患COPDChronic Obstructive Pulmonary Disease)患者に長時間作用型吸入抗コリン薬であるチオトロピウム(商品名:スピリーバ)を4年間投与し、呼吸機能や死亡、急性増悪、QOLといった臨床上の様々な指標にどのような効果をもたらすか、すなわちCOPDの自然経過を変えることができるかを検討した大規模臨床試験である。

米カリフォルニア大ロサンゼルス校のDonald P.Tashkin氏

 プラセボ対照二重盲検比較試験で、日本を含む37カ国から5993人のCOPD患者を登録。この人数はCOPDに関する臨床試験として、過去最大規模の人数といえる。登録対象は、(1)臨床的にCOPDと診断、(2)40歳以上、(3)喫煙歴が10パック・年以上(禁煙者を含む)、(4)気管支拡張薬吸入後の1秒量(FEV1)が予測値の70%以下、(5)FEV1が努力肺活量(FVC)の70%以下、(6)呼吸機能検査が実施可能、(7)治療薬投与開始前の6週間、呼吸器疾患の治療が安定――などの条件を満たした患者。

 これらの患者をチオトロピウム投与群(2987人)あるいは対照群(3006人)のいずれかに無作為に割り付けた。チオトロピウム投与群はチオトロピウム18μgを毎朝決まった時間に、専用の吸入器であるハンディへラーを用いて吸入した。なお、対照群は試験薬である吸入抗コリン薬を除いてすべての薬物療法が認められている。実際、いずれの群においても、短時間作用型β2 刺激薬、長時間作用型β2刺激薬、吸入ステロイドは治療期間中それぞれ7割以上の患者に投与されていた(続きはこちらから)。

この記事を読んでいる人におすすめ