日経メディカルのロゴ画像

「オンライン診療は『第4の診療概念』になる」
医療法人嗣業の会理事長 黒木 春郎氏

2020/10/01

 日経BPは2020年10月14~16日の3日間、オンラインで「日経クロスヘルス EXPO 2020」を開催する。このEXPOは、医療・介護・健康といったヘルスケア分野の行政動向や、様々な製品・サービスに関する最新情報を得られる場だ。昨年は東京ビッグサイトで開催したが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、セミナーや展示の全てをオンライン上で展開する。

 10月14日(水)14:00~15:30にかけては「オンライン診療・オンライン服薬指導が目指す未来」と題した講演とパネルディスカッションを開催する。オンライン診療は4月10日付で厚生労働省が事務連絡を発出。受診歴のない初診を含めて電話・オンライン診療を認めるという時限的・特例的措置が取られた。この時限的・特例的措置を巡っては、9月に発足した菅内閣は「恒久化」の方針を打ち出している(関連記事はこちら)。一方、日本医師会は「初診オンライン診療は、あくまで緊急対応」と表明(関連記事はこちら)。今後の動向から目が離せない。

 本セミナーでは、厚生労働省の担当者が最新の政策動向を解説する。続いて、先進的な医療機関や薬局のトップが登壇し、オンライン診療・オンライン服薬指導の活用例を報告。月100件前後のオンライン診療を提供しているケースや、地域で通院困難な高齢患者に提案し、家族の負担を軽減している例、また薬局でのオンライン服薬指導の実態などを紹介する。

 そしてパネルディスカッションでは、オンライン診療・オンライン服薬指導の現在の課題や将来目指すべき方向性を徹底討論する。モデレーターを務める医療法人嗣業の会(千葉県いすみ市)理事長で日本遠隔医療学会オンライン診療分科会会長の黒木春郎氏に意気込みを語ってもらった。

オンライン診療は入院、外来、在宅に続く「第4の診療概念」

医療法人嗣業の会理事長で日本遠隔医療学会オンライン診療分科会会長の黒木春郎氏

 オンライン診療は、「入院」「外来」「在宅」に続く、「第4の診療概念」になるというのが私の考えです。COVID-19によって、患者の受療行動は大きく変化しました。外来は今まで、患者に医療機関に来てもらうことが前提だった。しかし、COVID-19の感染防止対策の面からは、「いかに来院させずに診療するか」という考え方が重要になります。その点でオンライン診療は在宅と同様に、来院を前提としない医療アクセスの手段として有望です。

 しかし現状では、オンライン診療料などの診療報酬が抑制されていることもあって、なかなか普及していません。4月10日付の事務連絡で初診などへの適用範囲は広がりましたが、オンライン診療を手掛けている医療機関の運営は厳しいのが実情です。地域医療に根付かせるためには、診療報酬の面でも外来診療と同等程度に引き上げるなど、国民皆保険制度の中にオンライン診療をきちんと位置付けることが求められています。

 また、オンライン診療には様々な誤解があるのも事実です。例えば「ウェブ上のやり取りだと、対面に比べて情報量が少なくなるから、外来診療に比べて劣る」という論調があります。しかし、これは「質が劣るのではなく異なる」と捉えるべきでしょう。聴診や触診はできなくても、よりきめ細かい質問ができたり、映像で家庭内の様子が分かったりするなど、オンライン診療ならではのメリットもたくさんあります。

利用が広がり始めたオンライン服薬指導

 オンライン診療を受けて処方箋が交付された患者に対して、薬剤師がテレビ電話などの情報通信手段を用いて服薬指導を行うオンライン服薬指導の利用も広がりつつあります。オンライン診療を行った医療機関は、患者の申し出に基づいて処方箋を薬局に送付し、薬局がオンライン服薬指導を実施して薬剤を送付。患者は来院・来店せずに、自宅で薬剤を受け取れます。

 子どもがいるといった理由で外出が難しかったり、薬が宅配で届くのを待つことが負担でない層にとっては、医師の診察、薬剤師の服薬指導をオンラインで受けて、自宅に薬が届くのは便利です。私も最初は「配送料がかかるためにオンライン服薬指導の利用は限定的だろう」と思っていましたが、当院でもオンライン診療の患者の6割くらいがオンライン服薬指導を利用しています。

 当日は厚労省の担当者をはじめ、先進的な取り組みをされている登壇者の方々が集います。オンライン診療やオンライン服薬指導について、正しく知ってもらう機会にできればと思います。さらにオンライン診療やオンライン服薬指導はどのようなケースに向くのかや、将来、どうあるべきなのかなどについて幅広く議論できればと考えています。(談)

10月14日(水)日経クロスヘルス EXPO 2020
「オンライン診療・オンライン服薬指導が目指す未来」

2020年10月14日(水) 14:00-15:30

オンライン診療・オンライン服薬指導が目指す未来(仮)
※オンライン開催

<演者>
・厚生労働省 医政局 医事課長 伯野 春彦 氏
・医療法人社団嗣業の会 理事長/日本遠隔医療学会オンライン診療分科会 会長
 黒木 春郎 氏
・医療法人法山会 理事長 山下 巌 氏
・社会医療法人祐愛会 織田病院 総合診療科 部長 織田 良正 氏
・社会医療法人博進会 理事長 小笠原 和人 氏
・メディカルグリーン 代表取締役社長 大澤 光司 氏

◆お申し込みはこちら

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

日経クロスヘルス EXPO 2020 リポート
2019年10月、医療従事者と周辺産業関係者の交流を目的に初開催して好評を博した「日経クロスヘルス EXPO」を、2020年は10月14日(水)~16日(金)にオンライン開催しました。その様子をお届けします。

この記事を読んでいる人におすすめ