日経BPは2019年10月9~11日の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「クロスヘルスEXPO 2019」を開催する。その最大の目玉と言えるのが、クロスヘルスEXPO創立記念シンポジウム「社会保障改革の課題と限界──持続可能な医療・介護のあり方とは」だ。

 シンポジウムには、日本医師会長の横倉義武氏、厚生労働省医務技監の鈴木康裕氏、財務省主計局次長の宇波弘貴氏、経済産業省政策統括調整官の江崎禎英氏という、文字通りのキーパーソンが登壇して激論を交わすことになりそうだ。モデレーターを務める医療法人社団鉄祐会理事長の武藤真祐氏に、シンポジウムに臨む意気込みを語ってもらった。


 今の医療保険制度は、誰もが医療にかかれるよう患者負担にほとんど差を付けない仕組みになっています。これに対し、負担が多くてもいいから、より良いサービスを受けたいというニーズが確かに存在します。混合診療的な考え方になりますが、必要最低限なものは制度として提供しながらも、より良いサービスを受けたいという人には、その分のお金を払ってもらってもいいのではないかと思うところが私にはあります。

 「命は平等である」という価値観と経済活動をどうバランスさせていくのか、資本主義的な要素と計画経済的な仕組みの組み合わせはどこでバランスを保つべきなのか。それは国の経済状況や、それまでの医療制度のあり方、どこまで負担を許容できるかという民意などによると思うのですが、これから10~20年、医療を巡る状況がどんどん変わっていく中で、そこをどうバランスさせていくかが問われています。

 私がモデレーターを務めるクロスヘルスEXPO創立記念シンポジウム「社会保障改革の課題と限界──持続可能な医療・介護のあり方とは」には、日本医師会と厚生労働省、財務省、経済産業省から、非常に大きな影響力を持つ4人のキーパーソンにご登壇いただきます。この4者が上に挙げたバランスのあり方をどう考えているのかは私自身も興味があるところですので、当日はそこを掘り下げたいと考えています。

報酬改定に汲々とする医療機関

 また今の医療制度の下では、医療サービスのプロバイダーである病医院が診療報酬を取ることに非常に注力していて、点数が変わればそれに合わせて病棟転換をするなど、すっかり国に誘導されてしまっています。その結果、各医療機関が創造的に考えて医療サービスを提供することができなくなっているように思います。

 私は、治療のアウトカム(結果)をベースにした診療報酬の設定を提唱しているのですが、それぞれの医療機関が一定のアウトカムを達成するために、持てる資源をどう組み合わせるべきかを考え努力するような仕組みを作るべきだと考えています。そういう創造的な行動を引き出す制度を行政としてどう設計するのか、あるいは医師会の先生方がその辺りをどう考えているのかという点には非常に興味があります。

 今の制度の延長線上にはない仕組みを考えるときに、例えば財務省はお金を削るだけでなく、創造的なところに重点的に予算を配分できるのか。経産省は企業活動とつなげるにしても、今の医療制度にどういう工夫を組み込んでいくのか。また、厚労省にはそういった新しい制度を作っていく覚悟があるのか。そして日本医師会は、どのように現場の先生方のかじ取りをしていくのか。シンポジウムでは、ぜひそこを語っていただきたいと考えています。

 私は、シンポジストの先生方に無茶振りをしても「仕方ないな」と思っていただけるようなポジションにいますので、他の講演会などでは聞くことができない率直な意見を引き出せればいいなと思っています。

EXPO参加で新たな視点の獲得を

 今回の「クロスヘルスEXPO」は、日本の医療の未来が分かるイベントと言えるのではないでしょうか。私が担当するシンポジウムだけでなく、他のセッションにも、本当のキーパーソンと呼べる方がたくさん登壇されます。医師の働き方改革もあれば、医療制度や報酬改定の行方、新しいヘルスケア技術もあり、参加すれば今までになかった視点が得られるでしょう。

 制度が変わり技術が進歩することに不安を持つ人たちもいると思いますが、単に医療が変わるという話ではなくて、環境が大きく変わる中で医療従事者としてどうサービスを提供していくべきか、そのヒントを得る場所として活用してもらえればと思います。(談)

2019年10月11日(金) 10:00-11:40
■「クロスヘルスEXPO」設立記念シンポジウム

【パネルディスカッション】
社会保障改革の課題と限界
──持続可能な医療・介護のあり方とは


[パネリスト]
日本医師会長 横倉 義武
厚生労働省医務技監 鈴木 康裕
財務省主計局次長 宇波 弘貴
経済産業省商務・サービスグループ政策統括調整官/
厚生労働省医政局統括調整官/
内閣官房健康・医療戦略室次長 江崎 禎英
[モデレーター]
医療法人鉄祐会理事長 武藤 真祐

◆お申し込みはこちら