日経メディカルのロゴ画像

レジデントチャンピオンシップ第5回参加者募集開始
オンラインでの初期研修医の激闘が今年も!

 「初期研修医として学んできた知識と臨床力を試しながら、横のつながりを得る機会を作りたい」──。実行委員会のこうした思いから発足した「レジデントチャンピオンシップ」(愛称:レジ王)の第5回大会がまもなく幕を開ける(エントリーはこちら)。

 レジデントチャンピオンシップは全国の研修医が、自ら学んできた知識と臨床力をクイズ形式で競い合うイベントで、2017年7月に第1回(当時の名前はレジデンピック)が開催され、これまでに4回開催されている。群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春氏を大会委員長に据え、総合病院国保旭中央病院救急救命科医長の坂本壮氏、聖路加国際病院循環器内科医幹の水野篤氏、島根大学医学部附属病院総合診療医センター准教授の和足孝之氏、順天堂大学医学部総合診療科の高橋宏瑞氏からなるレジデントチャンピオンシップ実行委員会が主催するイベントで、日経メディカルも3回大会以降、共催という形で協力してきた。コロナ禍で行われた前回大会からは、オンラインで開催しているため、より参加へのハードルは下がっているはずだ。

■過去の大会の様子はこちら
第1回決勝戦:決勝戦は徳田安春氏からの挑戦状
第2回決勝戦:徳田安春氏からの挑戦状に挑んだ若手研修医たち

 1月20日までエントリーを受け付けている第5回大会の流れは以下の通り。まず、参加を希望する初期研修医は大会公式サイトから事前エントリーを行う。その上で1月21~23日に日経メディカル Online上で15問のクイズ(予選)に挑戦。正答率と回答までの時間が上位の24人は3月6日にオンライン会議サービス「Zoom」上で行われる決勝戦に参加できる。決勝戦は、実行委員会が病院の枠を超えて指定した3人1組のチームで臨床シミュレーション形式のクイズに挑む。優勝チームには協賛のクラシコが提供する白衣・スクラブをプレゼントするほか、優勝チームのメンバーが研修を受けた病院の魅力を日経メディカルの記者が取材して紹介する。また24人の決勝進出者全員を対象とした、実行委員会の先生方にキャリアパスなどを自由に相談できるシークレットイベントも開催する予定だ。

 予選のポイントは「こっそり参加できることにつきる」と水野氏は話す。「初期研修医の友達を誘って参加しても、医局のソファでグダグダしながら1人でこっそり回答しても、もちろん構わない。研修医向けのちょっとした“祭り”だと思ってもらえたら」(同氏)。予選は、実行委員会の4人の医師たちが毎年「熱性痙攣で正しいものを1つ選べ」といった5択1答形式の問題を作成している。「力試しがてら、一人でも多くの初期研修医に気軽に挑戦してほしい」というのが実行委員会の4人の医師たちの願いだ。なお、決勝戦には参加できないが、研修医以外も予選問題にはチャレンジできる。
 
 決勝戦では、3人1組のチームごとに4つの課題に挑戦し、総合得点の上位2チームが、徳田氏が問題を用意する優勝決定戦に挑む。2021年の第4回大会の決勝戦で行われたのは、(1)口頭指示を基に描いた絵のチームごとの一致率を競う「お絵かきメタ認知メッセージゲーム」、(2)実行委員が作成したクイズを解く「パネルクイズゲーム」、(3)心電図を読影して、臨床クイズに挑戦する「水野ダッシュ」、(4)日経メディカル Onlineに登録する医師のPros/Consを当てる「コントラバシー」——の4種類のクイズ。第2回大会までは実際に参加者が集まって開催していた決勝戦だが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で第3回大会は中止。2021年3月に行われた第4回大会はZoomでの開催となった。

 第4回大会の最後には、「大変素晴らしいチームワークを見せてもらい、甲乙付け難い闘魂の戦いだった。皆さんが頑張っている姿を見て我々のモチベーションが上がった」と徳田氏。また、司会進行を務めた坂本氏は「前回大会はCOVID-19の影響で決勝戦が中止となってしまい、今年こそは何とか開催しようということで、試行錯誤をしながらレジ王を企画してきた。研修医と話していると、同期が少なかったり経験できる手技が少ない……などの相談をしばしば受ける。しかし、このレジ王を通して得た23人の同期と協力し合いながら、目の前の患者さんを一生懸命診ることで成長していってほしい」とコメントしていた。

 今月末に開催される第5回大会。ぜひ初期研修医の先生方は腕試しとして参加してください。また、研修医を集めたい指導医の先生方には、研修医に対して、自院の研修プログラムの宣伝につながる可能性のあるこのイベントへの参加を呼びかけていただけると幸いです。

第5回レジデントチャンピオンシップのご案内

 第5回レジデントチャンピオンシップ(レジ王)の予選エントリーが始まりました。詳細はこちらをご覧ください。予選も決勝戦もウェブでの実施となります。初期研修医の皆さん、ぜひご参加ください。(編集部)

☆ 大会日程
 予選エントリー
  2021年12月7日(火)~2022年1月20日(木)
 予 選
  2022年1月21日(金)20:00~20:59
  2022年1月22日(土)20:00~20:59
  2022年1月23日(日)20:00~20:59
 決勝戦
  2022年3月6日(日)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

連載◎レジデントチャンピオンシップへの道
研修医日本一の称号はだれの手に――。研修医として学んできた知識と臨床力をクイズ形式で競い合うイベントが、装いも新たに「レジデントチャンピオンシップ」(通称レジ王)として開催されます。この連載では、研修医日本一への道のりをたどりながら、研修医の皆さんの横のつながりに加え、指導医、さらには群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春先生のような大御所医師との縦のつながりを生むチャンスを提供していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ