2018年8月29日、抗悪性腫瘍薬オビヌツズマブ(商品名ガザイバ点滴静注1000mg)が薬価収載と同時に発売された。適応は「CD20陽性の濾胞性リンパ腫」、用法用量は「1日1回1000mgを投与。導入療法:1サイクル目は1、8、15日目に、2サイクル目以降は1日目に投与。維持療法:単独投与により2ヵ月に1回、最長2年間の投与を繰り返す。なお、導入療法では、併用する他の悪性腫瘍薬によりサイクル期間やサイクル数が異なる(最新の添付文書参照)」。

 日本の悪性リンパ腫の罹患率は、年々増加傾向にあり、男女比は約3:2 と男性に多く、65〜74 歳が発症のピークである。組織学的にはホジキンリンパ腫(HL)と非ホジキンリンパ腫(NHL)に大別されるが、日本では大半がNHL である。

 濾胞性リンパ腫FL)は代表的な低悪性度B 細胞リンパ腫であり,NHLに占める頻度は7〜15%である。FLは経過が緩徐であり、ほとんどの進行期症例では組織学的進展などによって化学療法抵抗性となり寛解維持が困難で、長期にわたる再発・再燃が報告されている。

 FLの治療は、病期や腫瘍量により放射線療法や国内外のNHL治療ガイドラインなどで推奨されている抗CD20モノクローナル抗体リツキシマブ(リツキサン:R)を併用した化学療法[R-CHOP療法、R-CVP療法、BR療法(C:シクロホスファミド、H:ドキソルビシン、OまたはV:ビンクリスチン、P:プレドニゾロンまたはメチルプレドニゾロン、B:ベンダムスチン)]などである。

 オビヌツズマブは、新規抗体改変技術を用いてFc領域の糖鎖を改変して創製されたタイプ2のヒト化抗CD20モノクローナル抗体である。ヒト化抗CD20モノクローナル抗体としては、リツキシマブ(リツキサン)、オファツムマブ(アーゼラ)に次ぐ3番目となる薬剤である。オビヌツズマブは既存のリツキシマブと同様に、ヒトCD20に結合し、抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性および抗体依存性細胞貧食(ADCP)活性により、腫瘍の増殖を抑制する。

 日本人も参加した未治療のCD20陽性低悪性度NHL患者を対象とした国際共同第3相臨床試験(GALLIUM試験)、リツキシマブ治療抵抗性のCD20陽性低悪性度NHL患者を対象とした海外第3相臨床試験(GADOLIN試験)にてオビヌツズマブの有効性と安全性が確認された。

 承認時までの臨床試験から副作用が95.0〜95.1%認められることに注意する。主な副作用は悪心(43.6%)、疲労(28.7%)、発熱(24.0%)などであり、重大な副作用としてinfusion reaction、腫瘍崩壊症候群、好中球減少、白血球減少、血小板減少、感染症、B型肝炎ウイルスによる劇症肝炎、肝炎の増悪、進行性多巣性白質脳症(PML)、心障害、消化管穿孔、間質性肺疾患が起こる可能性がある。