2018年7月2日、クロストリジウム・ディフィシル感染症治療薬フィダキソマイシン(商品名ダフクリア錠200mg)の製造販売が承認された。適応は「フィダキソマイシンに感性のクロストリジウム・ディフィシルによる感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む)」、用法用量は「成人、1回200mgを1日2回投与」となっている。

 クロストリジウム・ディフィシル(clostridium difficile;C. difficile)は芽胞を有する嫌気性のグラム陽性桿菌で、2種類の外毒素(C. difficileトキシンAおよびC. difficileトキシンB)を産生し、これらの毒素産生株が腸内で増殖することで感染症(C. difficile感染症;CDI)を引き起こす。CDIの主要な発症要因は、高齢患者、背景疾患の重症度、長期入院などで抗菌薬の投与による正常な腸内細菌叢の乱れによる、C. difficileの定着である。主な症状は、下痢、発熱、腹痛などがあり、偽膜性大腸炎、巨大結腸症を引き起こすこともある。また、場合によっては死に至る危険性も報告されている。CDIは再発しやすい疾患であり、特にCDI既往歴のある患者、高齢者、免疫不全患者、重症のCDI患者では再発リスクが高い。

 CDIに対する治療薬としては、バンコマイシン内服製剤(バンコマイシン他)やメトロニダゾール内服製剤(フラジール)、内服ができない場合にメトロニダゾール注射製剤(アネメトロ)が臨床使用されている。しかし、近年、C. difficileに対するこれら薬剤に対する感受性の低下などが報告され、さらに、治療後に一定の割合で再発が認められることが課題となっていた。

 フィダキソマイシンは、放線菌Dactylosporangium aurantiacumによって産生され、細菌RNAポリメラーゼ阻害作用を示す18員環のマクロライド骨格を有する新規の抗菌薬である。C. difficileをはじめとする一部のグラム陽性菌に抗菌活性を示し、ほとんどのグラム陰性菌には抗菌活性を示さないなど抗菌スペクトルが狭く、消化管吸収もほとんどなく、腸管内のみで作用する特徴をもっている。特に、C. difficileに抗菌的に作用するほか、芽胞形成や毒素産生を抑制する。

 承認時までの国内外の臨床試験などからCDIに対するフィダキソマイシンの有効性と既存のバンコマイシンに対する非劣性が検証された。また、欧米ではメトロニダゾール、バンコマイシンとともにフィダキソマイシンもCDI治療の標準治療薬として推奨されており、2018年2月現在、欧米をはじめとして世界55の国と地域で承認されている。

 国内第3相試験から副作用が8.65%認められている。主な副作用は便秘、悪心、嘔吐などであり、重大な副作用としてアナフィラキシーが起こる可能性があるため注意する。

 本薬の使用に際しては、事前に「抗微生物薬適正使用の手引き」(厚生労働省)を参照し、薬剤投与の必要性を十分判断するとともに、薬剤の投与期間は原則10日間であり、これを超えて投与する場合にはベネフィット・リスクを考慮して投与継続を慎重に判断することに留意する必要がある。