日経メディカルのロゴ画像

第4回
「最初の一歩」がベストになるように
九州大学病院薬剤部の池末裕明氏に聞く

2010/02/12

──負担が大きすぎるといいますと。

池末 病院薬剤師は、多くの入院患者を担当します。九大病院では1人あたり平均で90人ぐらいです。病棟では診療科はフロアごとに分けられていることが多いと思いますが、それでも違う臓器の診療科を受け持つ場合も多いでしょう。多くの病院では、それぞれの薬剤師がさまざまな疾患の患者さんを担当していると思います。例えば、肺癌と喘息と白内障を同時に担当することだってあり得るわけです。

 我々薬剤師は治療における薬の専門家ですから、薬物治療という観点からはどんな疾患にも対応できる、あるいは対応できるように努力すべきです。さらに薬剤師は、専門医の意図や治療方針などを理解した上で、合併症や副作用まで含めて薬物治療という観点から総合的にサポートできるのが強みだと思っています。

 しかし、振り返ってみますと、この青色を塗ったワークシートを作る前は、治療中に患者さんに何か起こったとき、当然懸命に対応するわけですが、対応が後手後手に回っていた気がします。対応が一歩ずつ遅れてしまうという感じです。

 癌では、適切な強度の治療を継続することが非常に重要で、副作用の症状が悪化してしまっては治療が十分に受けられなくなります。ですから、可能なら副作用を回避し、症状が出ても初期で抑えることが非常に重要でしょう。患者さんからしても、副作用の説明はされたけれども、それが今日出るのか、明日出るのか、と不安を抱えながら毎日過ごすのは辛いですよね。心構えができているかできていないか。これによって、医療者も患者さんも対応が全く違ってくると思います。

 最初は「これは相当な経験を積んでいく必要があるな」と思いましたが、何とか仕組みで解決することはできないか、と考えた結果が、このワークシートでした。シート中で青く塗ってあるところは、それぞれの副作用が発生しやすい時期です。これがあれば、「今日は注意しておく日だな」「明日何かあるかもしれないな」と注意することができます。

 繰り返しになりますが、大切なことは、誰が担当していても、患者さんの治療にかかわる多くのことを「想定の範囲内」とできるようにすることです。我々の場合は、経験が浅くても、担当診療科が複数にまたがっていたとしても、より良い対応をするためにはシートという形が良いと考え、活用しています。

図2 池末氏らが用いている服薬指導シートの例(池末氏提供、画像をクリックすると拡大します)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ