米Merck社は5月20日、既治療の進行トリプルネガティブ乳癌に対する抗PD-1抗体ペムブロリズマブの単剤投与は、化学療法よりも全生存期間(OS)を有意に延長することはできなかったと発表した。フェーズ3試験であるKEYNOTE-119試験の結果、示されたもの。

 KEYNOTE-119試験は無作為化フェーズ3試験。進行トリプルネガティブ乳癌のセカンドラインまたはサードラインとして、ペムブロリズマブ単剤と医師選択化学療法(カペシタビン、エリブリン、ゲムシタビン、ビノレルビンから選択)を比較した。622人がペムブロリズマブ単剤投与群と医師選択化学療法群に1対1で割り付けられた。ペムブロリズマブは、3週おきに200mgが最長24カ月まで投与された。主要評価項目はOSだった。

 結果の詳細は今後学会で発表される予定。