日経メディカルのロゴ画像

日本における抗IGF-1R抗体AMG479の膵癌対象フェーズ3が日本でも開始

2011/04/15
横山勇生

 武田薬品、米Millennium Pharmaceuticals社は4月14日、抗インスリン様成長因子‐1型受容体モノクローナル抗体AMG479(一般名:ganitumab)について、転移を有する膵癌患者を対象に米Amgen社が全世界で実施するフェーズ3試験に参加することを決めたと発表した。このほど武田バイオ開発センターが、日本で試験を開始した。

 AMG479は、Amgen社が創製した抗体製剤。フェーズ3試験は約825例の転移を有する膵癌患者を対象とし、AMG479またはプラセボにゲムシタビンを併用する二重盲検比較試験。主要評価項目は全生存期間になる。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ