日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎厚労省が5都府県1.5万人を対象とした抗体検査結果を公表
12月実施の抗体検査、東京で陽性率0.91%

 厚生労働省は2021年2月5日、5都府県で計1万5043人を対象として、2020年12月に実施した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体検査の結果を発表した。抗体陽性率は東京都で0.91%、大阪府で0.58%、宮城県で0.14%など、地域によりばらつきがあった。また、6月に実施した第1回調査時の陽性率(それぞれ0.10%、0.17%、0.03%)からはいずれも上昇した。

 厚労省は12月14~25日にかけて、東京都、大阪府、宮城県、愛知県、福岡県において、調査への参加同意を得た20歳以上の一般住民それぞれ約3000人を対象に、過去に新型コロナウイルスに感染した人の割合を調べる抗体検査(定量検査)を実施した。東京都、大阪府、宮城県では、6月に同規模の第1回抗体保有検査を実施している(関連記事)。

 使用した測定機器は、米国Abbott社(化学発光免疫測定法[CLIA法])およびスイスRoche社(電気化学発光免疫測定法[ECLIA法])の装置。第1回調査と同様、陽性の判定をより正確に行うために、異なる免疫測定法を用いたこれら2種類の検査試薬・装置で陽性が確認された場合のみ、陽性(抗体保有)と判定した。

 計1万5043人に対する抗体検査で陽性と判定されたのは、東京都では3399人中31人(0.91%)、大阪府では2746人中16人(0.58%)、宮城県では2860人中4人(0.14%)、愛知県では2960人中16人(0.54%)、福岡県では3078人中6人(0.19%)であり、地域によりばらつきが見られた(図1)。

 6月に行われた第1回調査での抗体陽性率は、東京都で0.10%、大阪府で0.17%、宮城県で0.03%で、いずれも半年間で陽性率は上昇したものの、12月時点でも人口の大半が抗体を保有していないことが明らかになった。また、5都府県での人口当たり累積感染者数(12月7日時点)と比較すると、今回確認された抗体保有者数は報告されている感染者数の1.6~3.6倍に相当する。

 なお、いずれの自治体での結果についても、検査方法によって陽性判定された人数には幅がある。例えば東京都では、Abbott社の試薬では37人、Roche社の試薬では60人が陽性と判定され、両方で陽性となったのが31人となっている。

図1 5都府県での抗体検査結果(出典:厚労省の発表資料

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ