日経メディカルのロゴ画像

JAMA誌から
BCGのCOVID-19予防効果は見られず
イスラエルで全員接種世代と移民接種世代の感染率を比較

 イスラエルでは1955年から全ての新生児を対象にBCGワクチンの接種を行ってきたが、全国民のカバー率90%を達成したことから、1982年に予防接種制度を変更し、結核の有病率が高い地域からの移民に接種対象を絞った。同国Tel Aviv大学のUri Hamiel氏らは、定期接種を受けた世代と受けなかった世代のCOVID-19発症率を比較し、両群に差がなかったと報告した。結果はJAMA誌電子版に2020年5月13日に掲載された。

 これまでに世界各国で報告されてきた、COVID-19確定例の数と致死率のばらつきは大きかった。その理由の1つではないかと注目を集めているのが、小児期のBCGの接種だ。BCGの定期接種を行っている国のCOVID-19感染者と死者が、そうでない国に比べ少ない傾向が見られている。しかし、感染者と死者の数に影響を及ぼす交絡因子候補は数多く存在する。例えば、評価時点でその国がアウトブレイクのどの段階にあるのかや、感染者の平均年齢、国家的なパンデミック制御戦略、感染を確定するための検査の実施状況、COVID-19関連死亡の定義、過少報告などの影響が想定される。

 著者らは、小児期のBCGワクチン接種経験の有無が、イスラエルのCOVID-19感染率や致死率に影響を与えているかどうかを検討するために、定期接種中止前の3年間に生まれた人と中止後の3年間に生まれた人を対象に、SARS-CoV-2感染者の割合を比較することにした。

 イスラエルでは、COVID-19を示唆する症状(咳、呼吸困難、発熱)がある患者について、鼻咽頭スワブを採取し、RT-PCR検査を1人当たり1回だけ行っている。この研究では、2020年3月1日から4月5日までにPCR検査を受けた患者の中から、1979~81年生まれの人(検査を受けた時点の年齢は39~41歳)と、1983~85年生まれの人(35~37歳)を抽出した。

 7万2060回の検査の結果をレビューし、1979~81年生まれの3064人(平均年齢は40歳、男性が49.2%、この年代生まれのバースコホートの1.02%に相当)と、1983~85年生まれの陽性者2869人(35歳、男性が50.8%、この年代生まれのバースコホートの0.96%に相当)の情報を得た。その中で、PCR陽性と判定されたのはそれぞれ361人(11.7%)と299人(10.4%)だった、両群の差は1.3%(95%信頼区間-0.3から2.9%)だった。陽性率を人口10万人当たりに換算すると、BCG世代が121人、中止後世代が100人で、両群の差は21人(95%信頼区間-10から50人)で差は有意ではなかった。

 両群ともに1人が重症化してICU入院と機械的換気を必要としたが、どちらの集団にも死者はいなかった。

 この研究の制約は、結核の有病率が高くない国からの移民で、BCGの接種状態が不明な人が含まれることだ。1979~81年生まれのバースコホートには4.9%、1983~85年生まれのバースコホートには4.6%の移民が含まれていたが、この人たちの影響は小さいと考えられた。

 これらの結果から著者らは、小児期のBCG接種は成人になってからのCOVID-19予防効果があるという仮説は支持されなかったと結論している。

 原題は「SARS-CoV-2 Rates in BCG-Vaccinated and Unvaccinated Young Adults」、概要はJAMA誌のウェブサイトで閲覧できる。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ