日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎日本川崎病学会による緊急アンケート速報
川崎病症状を伴うCOVID-19、日本では認めず

 英国、米国、フランス、イタリア、スペインなどの欧米各国において、川崎病に類似した症状を呈する小児例が相次いで報告され、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との関連が指摘されている。これを受けて、日本川崎病学会は5月1日~2日にかけて、同学会運営委員56人を対象にメールによる調査を実施し、結果を5月7日に公表した。回答数は34件(18都道府県、32施設)であった。

 川崎病とは1967年に発見された乳幼児が罹患する全身性の血管炎症候群。発熱、両側眼球結膜の充血、口唇・口腔所見(口唇の紅潮、いちご舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤)、発疹、四肢末端の変化(手足の硬性浮腫、手掌足底または指趾先端の紅斑、指先からの膜様落屑)、非化膿性頸部リンパ節腫脹の6つが主要症状とされ、5症状以上を呈する場合に川崎病と診断される。その原因はいまだに明らかになっておらず、細菌あるいはウイルス感染、スーパー抗原(一部の細菌やウイルスが産生する極めて強力なT細胞活性化蛋白質で、多量の炎症性サイトカインを放出させる)、自己抗原などを原因とする様々な説がある。

 調査結果では、「2020年2月~4月において、例年と比較して川崎病の発生状況に変化はあるか?」という設問に対して、減少19件、変化なし13件、回答なし2件であり、増加との回答はゼロだった。同期間の川崎病例の重症度および重症例の発生状況(複数回答可)に関しては、全37回答のうち変化なし26件、重症例の減少2件で、合わせて75.7%に上った。その他の回答は、静注用免疫グロブリン(IVIG)不応例の増加5件、動脈瘤形成2件、高小林スコア(IVIG不応例を予測するリスクスコア)1件、低月齢症例の増加1件。

 小児COVID-19患者の診療の有無は、なしが23件と67.6%を占めた。ありと回答した11件が診療した患者数は合計27人だったが、全てが軽症・無症状で、川崎病を疑う症例はなかった。

 川崎病例の中でCOVID-19を疑う症状を示す患者が存在したかについては、34件中33件がなしと回答した。1件だけ、急性期に肺野に浸潤影を認めPCR検査を実施したが結果は陰性とする回答が見られた。

 自由回答では、小児科外来および入院患者数自体の減少や、感染症患者・川崎病患者の減少を指摘する声が聞かれた。また、小児COVID-19患者を多く診療している医療機関でも小児の重症例の報告はなく、川崎病に類似する症状も認めていないとの意見も複数あった。一方、川崎病入院例では全例に対して血清保存とPCR検査を実施するようにしたという回答も見られた。

 本調査の結果に基づくと、欧米で報告されているようなCOVID-19と関連する川崎病に類似した症状を有する症例は日本では認められていないようだ。しかし、欧米諸国と比べると日本の感染者数は圧倒的に少なく、今後川崎病に類する症状を伴う小児COVID-19患者が現れる可能性を否定することはできない。日本川崎病学会も「川崎病とCOVID-19との関連についてはその動向を冷静に注視し、必要に応じ全国調査を考慮したい」としている。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ