日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎日本医師会COVID-19有識者会議がウェブサイトを公開
COVID-19症例を症状や検査値から検索可能に

 日本医師会COVID-19有識者会議は2020年5月3日、同会議のウェブサイトを開設したと発表した。サイトでは、日本医師会がまとめたCOVID-19の外来診療ガイドラインを掲載する他、日本感染症学会のウェブサイトにPDFで個別に掲載されたCOVID-19の症例報告の中のうち70症例を構造化して整理し、症状や検査値の異常、画像所見、合併症、接触歴から検索できるようにした。また、治療薬の開発状況や、検査の現状と課題についてもまとめられている。

 日本医師会COVID-19有識者会議は4月18日、医療現場が抱えるCOVID-19の予防、診断、治療、臨床研究などに関する問題について学術的な助言や情報手強を行うために設置された。座長は自治医科大学学長の永井良三氏が、副座長は早稲田大学特命教授の笠貫宏氏が務める。構成員は日本医学会会長の門田守人氏や日本病院会会長の相澤孝夫氏、Medical Excellence JAPAN理事長の近藤達也氏など合計23人。

 有識者会議設立時の記者会見で日本医師会長の横倉義武氏は、「政府の『新型コロナウイルス感染症対策専門家会議』では、主に疫学的、公衆衛生の議論がなされてきた。有識者会議は臨床の観点から支援を行うもの。日本医師会として臨床上の有益な知見を現場に早期に伝えるようにしたい」と話していた。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ