日経メディカルのロゴ画像

トピック◎新型コロナウイルス感染症・紛れ込み
COVID-19症状ない他疾患患者の約6%にPCR陽性
「手術・処置前PCR検査を公費で」を真摯に受け止めるべきとき

慶応義塾大学病院

 他疾患患者への新型コロナウイルス感染症の紛れ込みは約6%──。4月13日から19日の間に、COVID-19症状のない他疾患患者を対象に行った術前・入院前PCR検査の結果、67人中4人(5.97%)に新型コロナウイルス陽性が確認された。慶應義塾大学病院が、4月21日に発表した同病院の感染状況の報告で明らかにした。

 慶応義塾大学病院は4月21日、同病院で発生したCOVID-19の経緯と現状をウエブ上で発表。その中で、入院については「手術などの入院治療は、進行がんや手術でしか救命し得ない緊急度の高い手術に限定して継続している」と説明。4月6日からは、全身麻酔手術を予定する患者に入院前PCR検査および胸部CT検査を行っており、また入院治療を必要とする全ての患者(分娩を含む)に入院前PCR検査を実施していると明かした。

 その結果、4月13日から4月19日までに行われた術前・入院前PCR検査において、COVID-19以外の治療を目的としたCOVID-19症状のない患者のうち、5.97%(4人/67人中)に陽性が確認されたという。この点について同病院は、「院外・市中で感染したものと考えられ、地域での感染の状況を反映している可能性があり、感染防止に向けてさらなる策を講じていく必要がある」との見解を示した。

 COVID-19の紛れ込み率が約6%という数字は決して少なくない。院内感染のリスクや、COVID-19無症状患者への麻酔あるいは治療介入によるCOVID-19症状悪化リスク(感染が重篤化し死亡に至るリスクが高い。Lei S et.al.E Clinical Medicine 2020,April 04)を考えるなら、術前・入院前PCR検査の実施は重要な意味を持つ。

 ただし多くの病院では、PCR検査を院内で行い、保険適用がないために病院側が費用を負担しているのが現状だ。今後の患者増を考えれば、病院側の費用負担は経営を圧迫する要因になり得る。既に現場の危機感は高まっており、京都府立医科大学附属病院と京都大学医学部附属病院が発表した共同声明を機に、全国医学部長病院長会議をはじめ、日本脳神経外科学会や日本整形外科学会、日本内科学会や日本感染症学会などと、無症状の患者についてもPCR検査を保険あるいは公費で実施できるように求める訴えが広がっている。政府は、こうした医療現場の声を真摯に受け止めるべきだろう。

■参考情報
新型コロナウイルス感染症に関する当院の状況について(慶応義塾大学病院、4月21日)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査に関する共同声明(京都府立医科大学附属病院、京都大学医学部附属病院、4月15日)
入院手術および処置における新型コロナウイルス核酸検出(PCR検査)の保険収載に関する要望書(日本整形外科学会など、4月17日)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査に関する声明(日本脳神経外科学会、4月17日)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の医療実施に関する声明(全国医学部長病院長会議、4月20日)
日本内科学会、日本感染症学会合同声明文(4月21日)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ