日経メディカルのロゴ画像

トピック◎国立がん研究センター中央病院
看護師2人感染、味覚嗅覚障害で耳鼻咽喉科受診
発熱や呼吸器症状の症状なく自宅で療養中

国立がん研究センター中央病院

 国立がん研究センター中央病院は3月28日、同一病棟に務める看護師2人が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染したと発表した。2人とも味覚嗅覚障害がみられたため、都内の耳鼻咽喉科を受診し経過観察となっていた。本人からの申出によりPCR検査を行ったところ感染が確認された。

 同センターによると、2人とも経過中に発熱や呼吸器症状などの症状はなく自宅で療養している。発表時点で、勤務していた病棟に入院中の患者あるいは同僚らの職員には症状はみられていない。

 同センターは、2人が担当していた病棟に入院歴のある患者約60人について容態を注意深く観察するとともに、同じ病棟で勤務していた職員を自宅待機とし、順次、PCR検査で感染の有無を確認する。

 2人の看護師の行動歴は確認済みで、立ち入りエリアの消毒は完了している。また、2人の看護師が外来部門へ立ち入っていなかったことから、現時点では、ほかの病棟および外来における診療は通常通り継続する予定。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ