日経メディカルのロゴ画像

[ルポ・がん医療の現場] [07 Autumn]
がん患者の口腔を守れ がんセンターと地域歯科医が連携
静岡県立静岡がんセンター&静岡県歯科医師会

2007/10/12
日経メディカルCancer Review

築地から静岡転勤と契機に
口腔ケア導入、医療の中心に


 大田氏は北海道大学歯学部を卒業し、国立がんセンター中央病院では頭頸部がんの外科手術に携わってきた。そこで、手術は成功しても、口腔内細菌による感染症が重篤化する症例を何人も経験した。創部に膿がたまり、繰り返し洗浄することが必要になる。本来ならば、食事の経口摂取が可能な時期になっても、感染症のために、なかなか食事再開とならない患者もいる。経口抗がん剤でも骨髄移植でも、こうした口腔細菌による感染が患者の闘病を障害する結果になった。「こうした口腔細菌が引き起こす症状への対処法は、いずれ注目されるはずだ」。こんな思いを抱きながら、国立がんセンターの常勤医として過ごしていた。

 転機は、静岡がんセンターの現総長山口建氏から勧誘された2002年。「静岡に新しいがんセンターをつくるから来ないかという話でした。何をやりたい? と山口氏に訊ねられたので、私は手術ではなく口腔ケアをやってみたいとお願いしたら、山口氏の了解を得ることができました」(大田氏)。静岡がんセンターのオープンまでの間に、口腔ケア医療の推進に必要な準備を行ったという。口腔ケアをがん治療に組み込むのは全国でこれが初めてのことだった。

「静岡の患者さんは、皆さん
口の中がきれいですね」


 がんセンターとしては珍しく常勤の歯科衛生士がいる静岡がんセンターの歯科口腔外科で、口腔ケアを受ける患者は年間600~700人ほど。病院全体の受診者総数の3人に1人の割合となる。

 「現在、詳細なデータを収集しているが、口内ケアを始めてから術後合併症は目に見えて減ったという印象がある。近く、論文発表を行うことができると思う」と大田氏。院外から見学に訪れた医師から、「静岡がんセンターの患者さんの口は、きれいですね」とほめられたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経メディカル Cancer Review

この記事を読んでいる人におすすめ