日経メディカルのロゴ画像

[リポート]ASCO 2007 [07 Summer]
前立腺がん治療法の選択は医師の専門分野に影響される
前立腺がん

2007/07/23
日経メディカルCancer Review

 患者の局所前立腺がんの治療法選択において、最初にコンタクトした医師の専門分野が大きな影響を及ぼしていることが、米国立がん研究所(NCI)サーベイランス・疫学・最終結果プログラムのデータ分析で明らかになった。

 局所前立腺がんの治療オプションとしては、前立腺切除術、放射線療法、ホルモン療法、待機管理(watchful waiting)があり、治療効果とともにそれぞれに有害作用をもたらすリスクが存在する。

 研究では、1994~2002年の間に局所前立腺がんと診断された65歳以上の男性8万5088例のデータを解析した結果、医師の専門性と患者の治療法選択の間に強い相関のあることが明らかになった。

 65~69歳の男性では、泌尿器科医に診断評価された場合には70%が前立腺切除術を選択、75歳以上では泌尿器科医のみに評価された場合には、83(75~79歳)~97%(80歳以上)が待機管理かホルモン療法を選択していた。

 これに対して、年齢に関係なく全男性において、泌尿器科医と放射線腫瘍専門医の両方に評価されたケースでは、放射線療法の選択頻度が高く、65~69歳で78%、70歳以上85%であった。泌尿器科医と臨床腫瘍医の両方に評価されたケースでは、また異なる傾向が認められた。

 前立腺がん患者の大部分は、最初に泌尿器科医に診察を受けるケースが多いが、報告者の米Memorial SloanKettering Cancer Center(ニューヨーク)泌尿器科のThomas L. Jang氏は「現状では、どのような患者が泌尿器科医にかかるべきか確立されたガイドラインはない。しかし今回の知見からは、前立腺患者は特定の治療法を選択する前に、あらゆる情報にアクセルすることが好ましいことが示唆される」と述べている。「早期前立腺がん治療の優位性は確立しておらず、患者は最初に医相談した医師の勧めに従いやすい。患者は、バイアスのかかっていない、バランスのとれた治療オプションを選択することが重要」としている。

埼玉医科大学国際医療センター包括的がんセンター腫瘍内科教授・佐々木康綱氏(写真◎清水盟貴)

新しい分子標的治療薬を探索すべきとき

 今年のASCOの最大のトピックスは、何といっても肝細胞がんに対するSorafenibのフェーズIII試験だろう(SHARPトライアル)。薬が承認されれば、日本の肝細胞がんの治療にも大きな影響を及ぼす成果だ。ただし、欧米患者中心の試験で、被験者の背景についての発表がなかった。欧米ではアルコール性肝炎由来の患者が多く、ウイルス性肝炎由来が主流の日本とは異なる。背景が異なる肝細胞がんでも生存期間の延長が見られるのかどうか今後、注目したい。

 腎細胞がんでは、インターフェロンとベバシズマブとの併用で肯定的な結果が出た。腎細胞がんにはSorafenib、Sunitinib、Temsirolimusという3つの分子標的治療薬が欧米では使用されており、今回の結果は4番目の成果ということができる。今後、関心はこれら薬の使い分けや併用をどのように標準化していくかという点に移行していくだろう。

 これらとは対照的に患者が多い、大腸がん、肺がん、乳がんでは大きな進歩に乏しかった。分子標的治療薬には期待したいし、これからも期待するが、慢性骨髄性白血病(CML)や消化管間葉腫瘍(GIST)や今回の肝細胞がんで見られた衝撃は少なくとも、肺がんや大腸がん、乳がんでは認められていない。生存期間を延長させたのは、乳がんの抗体医薬トラスツズマブだけ。分子標的治療薬の限界が見えてきたことは事実で、新しい標的や作用メカニズムを探索する必要に迫られているといえる。

 われわれはテガフール(UFT)の代謝酵素CYP2A6の遺伝子多型が、UFTの血中濃度を左右することを報告した。こうした遺伝子多型を指標にした薬物代謝の個人差、人種差の評価が今後積極的に臨床に用いられることになると予想できる。(談)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経メディカル Cancer Review

この記事を読んでいる人におすすめ