Cancer Review on WEB

2009/3/30

がん医療座談会

今こそ個性的な講座をつくる好機だ

誕生ラッシュ大学腫瘍内科の悩みと戦略


腫瘍内科医養成の必要性が叫ばれて久しい。そうした声を受ける形で、ここ数年、全国の大学医学部・附属病院に腫瘍内科学講座やがんセンターが続々と誕生している。大学における腫瘍内科学講座の現状と課題を3 大学の教授たちに話し合ってもらった。


佐々木 康綱(ささき・やすつな)氏 1980年昭和大学医学部卒業。国立がんセンター中央病院、米国メリーランド州立大学がんセンター、国立がんセンター東病院を経て、2002年から埼玉医科大学教授。

佐々木 現在全国の大学医学部で腫瘍内科、もしくはそれに類した名前の講座の新設が相次いでいます。「腫瘍内科医を増やしてほしい」という国民の声も追い風になったわけですが、続々と腫瘍内科が立ち上がっている現在はそのあり方を考える絶好の機会ともいえます。一口に腫瘍内科といっても、生い立ちも現在の陣容も大学の中の位置づけも様々だと思います。まず自己紹介を兼ねて、それぞれの科の特徴を説明してください。

江口 帝京大学の腫瘍内科は、立ち上がったばかりのまだ若い講座です。医師は私を含めて5人です。今年5月に新病院が開院し、帝京がんセンターもその中に入ります。スタッフはそこで中心的な役割を担うことになります。現在は病院全体が移転準備で慌ただしい毎日です。大学病院が地域がん診療連携拠点病院に指定されたこともあり、その整備も並行して進めていこうと考えています。

石岡 私の講座は、組織上は東北大学加齢医学研究所の中にあります。歴史は古く、加齢医学研究所の前身の抗酸菌病研究所に臨床癌化学療法部門が新設された1969年までさかのぼることができ、今年で創立40周年、私は4代目の教授ということになります。抗酸菌病研究所はその後加齢医学研究所となりますが、2000年に加齢医学研究所附属病院と東北大学医学部附属病院が統合され、東北大学病院となったのを契機に診療科名を腫瘍内科と改めました。定員の医師は7人、任期制の医師が3人の合計10人です。

 腫瘍内科と名乗っていますのでできるだけ多くの薬物療法や緩和医療の一部を担っていこうと思っています。ただ、院内には別に呼吸器内科や乳腺内分泌外科、血液内科があり、肺がん患者は少なく、乳がんは協力診療してそれなりの数を診ていますが、造血器腫瘍については悪性リンパ腫だけ診療をしています。したがって、今のところは消化器がん、骨軟部肉腫、原発不明がんなどを中心に診ています。もう1つ重要な役割として、化学療法センターを任せられています。医師は私を含め兼務2人、任期制の専任医師が2人担当するなど院内の薬物療法の責任担当科となっています。

佐々木 埼玉医科大学では、2000年に大きな抗がん剤の事故が起きてしまいました。そのためにがん化学療法をきっちり行う体制が必要という機運が生まれました。その時点で既に国際医療センターを作るという構想がありましたが、そのための準備段階として内科の中に腫瘍内科を作り、私を含めた3人の医師が赴任しました。07年に300床を擁する国際医療センター包括的がん治療センターを設置し、その中の診療科の1つとなりました。医師が10人所属する腫瘍内科と、医師2人が配置された緩和医療科が1つのグループとなっています。

江口 研二(えぐち・けんじ)氏 1973年慶應義塾大学医学部卒業。国立がんセンター中央病院、東海大学などを経て、2007年から帝京大学教授。

外来化学療法技の1つ 他科との連携が課題

佐々木 国立、公立、私立を問わず多くの大学病院には腫瘍内科が誕生しています。それらの中には、寄付講座や化学療法センターのような正式な講座ではない組織として発足したために必要なスタッフを集められないでいるところもあるようです。

石岡 東北地方では最近、山形大、弘前大、秋田大に腫瘍内科もしくは臨床腫瘍科という講座ができました。3校とも幸いにして正式な講座となりましたが、それでも、スタッフが足りません。教授1人に助教1人、あるいは教授1人に准教授1人、特任助手1人という状況です。しかも、一からのスタートを余儀なくされるわけですから、講座ができたといっても、十分な役割を果たせるかといえば、まだ非常に大きな問題があるといわざるを得ません。

江口 この状況は、現在の腫瘍内科の根本的な問題に触れていると思います。近年、外来化学療法が非常にクローズアップされており、そのための組織として捉えられていることが1つの理由ではないかと思います。病院の経営にも関係していることですが、それが動機の1つであることは否定できません。本来は横断的にがんやがん化学療法を行う科としてあるべきなのですが、現実には内科学会や外科学会という基盤学会からは存在価値が認められていない。腫瘍内科学自体はまだまだ基盤の脆弱な分野ということもできます。

 一方で院内に目を移すと、がんを診ている既存の診療科との勢力関係や付き合い方によっても腫瘍内科の位置づけは変わってきます。かなり多くの腫瘍内科はそこに苦労されているのではないかと思います。

佐々木 江口先生の指摘には私も同感です。腫瘍内科は大学や病院が異なれば、その性格は異なってきます。最も大きな理由はほかの診療科とどういう関係にあるかということです。

 例えば、埼玉医大では、まだ肺がんについては呼吸器内科と腫瘍内科の両方で診ています。包括的がん治療センターがスタートするときに「ダブル・スタンダードになるからよくない」とさんざん言ったのですが結局、今までのしがらみで見切り発車になってしまいました。その結果、標準的な治療が奏効しなかった場合、呼吸器内科を受診している肺がん患者に対して、研究的な治療の選択肢が提示されないという問題が発生してくるわけです。別の大学でも腫瘍内科を作っても既存の診療科ががん患者を手放さないという事態が起こっています。そうなると極端な話、原発不明がんを診るのが腫瘍内科の役割ということになりかねません。周囲の診療科とどういう関係を築くかが腫瘍内科の課題といえるかと思います。

石岡 これから腫瘍内科講座を立ち上げる場合、長期的な目標と短期的な目標の2つを並行して考えておく必要があります。長期的な5大がんを含め、多くのがんの化学療法を、責任を持って行うことができることが目標です。しかし、短期的にはマンパワーの不足という現実と格闘していかないといけないわけですから、少しずつ守備範囲を広げていくスタイルで臨むとよいのではないかと思います。

(次ページに続く)
previous123next

Cancer Review on WEB

関連記事

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳卒中って、そんなに分かりにくいですか? うさコメント!
  2. 日本の医療訴訟、診断エラーが原因は39.3% 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
  3. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
  4. 【動画】待合室から診察は始まる(前編) 國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
  5. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  6. 栄養補給の「ギアチェンジ」のタイミングは? 平方眞の「看取りの技術」
  7. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  8. 2020年度診療報酬改定に向け第2ラウンド開始 シリーズ◎2020診療報酬改定
  9. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
  10. バスキアの描く頭部が「ドクロ」や「仮面」に似てい… 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
医師と医学研究者におすすめの英文校正