日経メディカルのロゴ画像

インタビュー[08 Spring]
外来化学療法成功のポイントはチーム医療オーダーシステム
国立がんセンター中央病院・通院治療センター医長 田村研治氏

2008/03/28
日経メディカルCancer Review

レジメン管理にオーダリングシステムは不可欠


―― がん医療全体の中で、外来化学療法の役割というと患者さんの生活の質を確保した治療を実現することが最も大事ということになりますね。

田村 そうです。それに加えてEBMの実践です。そのためにレジメンの管理が重要です。エビデンスがある標準治療をきちんと遂行する。これができなければ、外来化学療法の意味は半減するといっても言い過ぎではありません。

各医師の経験に基づいて根拠のない用量で治療を行うというようなことは、もはや通用しません。外来化学療法におけるレジメンをきちんと選定し、実行することが治療成績を最大限上げることになります。そのために避けて通れないのが、レジメンの審査とオーダリングシステムです。

―― 処方をオンラインで行うコンピューター・システムですね。

田村 私は外来化学療法を成功させる上で、設備、チーム医療が大切だと常々主張していますが、それらと同じくらい大切なのがオーダリングシステムなのです。抗悪性腫瘍薬の用量のミス、薬剤名の誤処方などを防ぐという「リスク管理」の面からもオーダリングシステムの整備は欠かせません。

患者さんの身長と体重を入力しておけば、体表面積から適切な用量が自動的に計算される。誤って、危険な量を処方すると警告の表示が出る。このような仕組みが整うことで、安全な化学療法が可能になります。

チーム医療の観点からもオーダリングシステムは大切です。

オーダリングシステムや電子カルテを導入しますと、看護部、検査部など各部署の医療関係者の共通の伝言板ツールとして用いることが可能になります。患者さんの状態や患者さんの訴えなどの情報をリアルタイムで医療スタッフが共有できる。そういうツールが新しいタイプの電子カルテには備わっています。このようなソフト面を整えるということは、レジメンの審査と登録、チーム医療の実現と同時進行的に大切です。


より多くの患者さんを治療するために


―― 外来化学療法を利用する患者さんは増加の一途です。効率が良い医療の実践が重要になりますね。

田村 非常に重要です。具体的な話をしますと当病院の通院治療センターのベッド数は36床です。それで1日の患者数が、平均100人。多いと140人になります。そうしますと、1つのベッドを3回転ないし4回転しないといけない。漫然としていると、患者さんの待ち時間が長くなる。待ち時間の問題は、現在も私たちの施設の大きな問題の1つです。それをいかに解消するか、いろいろな取り組みをしています。


―― 例えば、どんなことをしていますか。

田村 朝一番に治療を開始できるかは、検査データがいかに早く出るかにかかっています。混雑することが多い曜日の朝は人員を増やして、迅速に採血しています。また昨年、完全電子カルテ化されたことで、患
者さんの受け付けから診療、検査データの出方などを、正確にフォローアップできるようになりました。


 非常に問題になっているのは長時間の点滴です。抗体医薬のベバシズマブやFOLFOX・FOLFIRI療法、カルボプラチン/タキソールなどが外来にどんどん出てきますと、点滴に4時間、5時間という長い時間がかかります。限られた病床数の中で、どの時間帯に入れるかということに苦慮しています。

 当然、遅い時間帯にそういう患者さんが来られると、病床と点滴時間を確保することが難しくなるので、各診療科と申し合わせて、午前中に受診していただく、あるいは、そういう人たちに対しては、前もってベッドを確保するというような取り組みをしています。


 また、以前の診療の終了時刻は5時15分だったのですが、昨年より7時15分にしました。この2時間の違いで、長時間点滴の対応や、仕事を続けておられる方が4時に仕事を終えて、化学療法を受けて帰るという、そういう社会のニーズに対応できるようになりました。


―― 現場としては、勤務時間を2時間延長することは大変ですよね。


田村 そうですね。薬剤師や看護師の勤務帯の調整が必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cancer Review on WEB

この記事を読んでいる人におすすめ