日経メディカルのロゴ画像

続報◎中国武漢の原因不明肺炎
新型コロナウイルス感染者は41人、1人が死亡

 昨年末に中国武漢で多発した原因不明の肺炎で、初めての死者が確認された。武漢市保健委員会の発表によると、1月10日24時時点で、新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者は41人だった(表1)。うち7人は重症で、1人が死亡した。残りの患者は症状が安定しており、2人が退院している。濃厚接触者は419人の医療スタッフを含む739人で、現在医学的監視下にあるが、新たな症例は見つかっていないという。

 同委員会によると、原因不明の肺炎が新型コロナウイルスによる感染症と確認された後、改めて、治療のために入院した患者の臨床症状、疫学的履歴および臨床検査結果を包括的に判断した。その結果、41人が新型コロナウイルス肺炎と診断された。

 原因不明の肺炎患者が最初に確認されたのは2019年12月12日で、2020年1月3日以降、新たな患者は確認されていない。

表1 中国武漢の原因不明肺炎の推移

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ